【規模に驚愕】ナイスアリーナ 一般公開に参加!館内の裏側をご紹介

2018年8月14日(火)に「ナイスアリーナ(由利本荘アリーナ)」の一般公開に行くことができました。

 

現地に到着し、まずはナイスアリーナの規模に驚きました!

これだけ設備が整っている広いアリーナを会場に、ハピネッツの試合や国際試合を見てみたい!そう感じさせる作りでした。

 

今回は一般公開ということで、普段は入られないようなアリーナ内部も見学することができましたので、エリアごとにご紹介したいと思います。

 

 

ナイスアリーナ 一般公開の概要

一般公開の概要
  • アリーナ名:ナイスアリーナ(由利本荘アリーナ)
  • 所在地:秋田県由利本荘市石脇田尻野
  • 一般公開日:2018年8月13日(月)~2018年8月15日(水)
  • 公開時間:10:00-16:00
  • 問合せ:スポーツ・ヘルスコミッション推進部
  • 電話番号:0184-24-6276

 

スポンサーリンク

ナイスアリーナに到着!

由利本荘市の国道7号線沿いにあるナイスアリーナに到着しました。

 

 

多目的広場ができる予定の場所はまだ作業車が入っていましたが、アリーナ自体はもうほとんど完成しているようなただずまいでした。

 

駐車場はまだ完成していないので、今回の一般公開では臨時の駐車スペースに車を駐めることになります。

 

 

敷地内にいる職員スタッフが誘導してくれますので、迷うことなく駐車できました。

 

いざナイスアリーナへ突入!

車を駐車スペースに駐めたらアリーナの中に入ります。

正面入口はまだ封鎖されていましたので、今回の一般公開では市民利用入り口から入ります。

 

 

市民利用入り口といっても迷わず行くことができます。

入り口に「見学者入口」と書かれた大きな看板がありましたし、何より職員スタッフが丁寧に教えてくれたので迷いませんでした。

 

中に入ると「上履きに履き替えてください」の貼り紙がありました。

 

 

アリーナ内は土足厳禁なので、ここで持参した内履きに履き替えます。

 

 

注意

 

受付では内履きを忘れた人用のスリッパも用意されていました。

ですが基本は「上履き持参」となります。

 

アリーナを見学する際は自分の上履きやスリッパを忘れずにお持ちください。

(受付担当の職員に教えていただきました)

 

 

受付をする際に次の項目を書く簡単なアンケートをお願いされました。

  • 名前
  • 住んでいる地域
  • 本日の見学人数

 

由利本荘市で今回の見学会に訪れた来場者の人数と地域を把握するためだそうです。

アンケート自体はサクッと済ませることができました。

 

受付を済ませたら受付担当の職員からアリーナのパンフレットをいただきました。

 

 

スポンサーリンク

ナイスアリーナの作りがクール!とにかくカッコイイ!

受付を済ませるとアリーナの中を自由に見学することができます。

壁にはナイスアリーナの館内マップも掲載されていましたので迷うことはなさそうです。

 

 

マップを見て感じた第一印象は「なんだかとんでもなく広そう・・・!」ということ。

これからどんな光景が私を待ち受けているのか楽しみで仕方なかったです(*^o^*)

 

さてさて、これからメインアリーナに向かうのですが、ふと周りを見渡すとなんだかかっこいい雰囲気!

 

 

オレンジのスポット照明に照らされているメインアリーナの文字。

そしてダークグレーで統一されたアリーナの壁。

 

まるで首都圏にある有名アリーナのような雰囲気が出ており私は終始ワクワクしっぱなしでした!

 

 

メインアリーナに続くこのスペースは「スポーツホール」と呼ばれる場所なのですが、とにかくカッコよかったですね!

スポーツホールには2階に行くことができる大きな階段もありました。

 

 

 

なおぞう

 

うぉぉー!かっけぇぇぇーーー!

 

 

この男心をくすぐる中の作りは最高でした!

 

メインアリーナ到着!なにこれ!?ライブ会場みたい

スポーツホールのかっこよさにしばし心を奪われつつも、次に向かったのはメインアリーナ。

個人的に今回の見学のハイライトです。

 

わくわく・・・

 

わくわくわくわく・・・

 

 

なおぞう

 

すげぇぇぇえーー!

広ぉぉぉぃいー!

天井中央に常設の大型映像装置が付いているーー!

 

 

秋田初、東北でも最大規模のアリーナの広さに私はただただ驚いていました。

 

 

まずですね、アリーナの広さに驚きました。

 

 

そして今回気になっていたもののひとつ、アリーナセンターにモニターもしっかり付いていました。

 

 

このセンター画面を常設している施設は東北でも数えるほどしかないそうです。

せっかくなのでモニターをいろいろな角度から。

 

 

何気に真下からの光景はなかなか貴重な気がします。

めったに見られませんよね。

 

 

真下からだと画面に何が表示されているのかさすがに分かりません笑

このモニターの画面を眺めながらハピネッツの試合を見てみたいです。

 

ちなみにアリーナの壁には格納式のひな壇がありました。

 

 

写真に写っている格納式ひな壇はアリーナのごく一部。

ひな壇席も活用すると5,000人収容は容易だと感じました。

 

そのくらい広かったです。

 

アリーナの裏側に潜入!普段は入られない室内も入り放題

メインアリーナの感動に十分に浸ることができたので、今度はアリーナの裏側に潜入してみたいと思います。

アリーナの裏側なんて、普段は決して見ることができない場所なので、今回見ておきたかった場所のひとつでした。

 

一般公開している今だからこそできる期間限定の貴重な体験です。

それではアリーナの裏側に潜入してみましょう!

 

選手控室に潜入してみた

メインアリーナを出るとちょっとした談話スペースがありました。

 

 

そしてその奥には選手の控室がありました。

 

 

もちろん中に入ってみましたよ(^o^)v

ここは多目的室としての利用もできるように設計されているようでしたので、イスや机が並べられていました。

 

 

楽屋だと!?アリーナには楽屋もあるのか!

選手控室を出ると次の部屋の案内がありました。

 

 

楽屋・・・だと!?

でも確かにライブの開催も想定してのアリーナ設計なので楽屋があってもおかしくはないのか・・・。

 

というわけで、楽屋にやってきました。

 

 

楽屋は普段であればまず100%入ることができない部屋ですね。

貴重すぎる体験ができました。

 

 

楽屋にはライブのアーティストが座って休憩できるような場所がありました。

そしてイスの後ろには手が洗えるような洗面スペースもありましたよ。

 

 

こちらがメイクをしたりする場所でしょうか。

全身が映し出せるような長い鏡が印象的です。

 

 

そしてライブが終わったあとなどにサッと汗を流せるように簡単なシャワールームもありました。

設備がすごい・・・。

 

 

バスケット選手が利用するような更衣室

次にやってきたのが更衣室です。

 

 

更衣室というくらいなので、一般的なロッカーがずらりと並ぶような部屋を想像していました。

ですが、実際に見てみると驚きました!

 

 

なにこれ!?

まるでバスケット選手が使うような、本当に間仕切りされたロッカールーム!

 

映像や写真では見たことがありましたが、実際に見たのは今回が初めてでした。

 

 

イスの下にはちょとした小物を入れられるような引き出しが完備されていました。

 

ロッカーの下って、こうなっていたのか・・・。

初めて見たという人も多いのでは?

 

 

そしてロッカーの上部には小さな金庫がついていました。

ここに選手たちの鍵やスマホといった貴重品を預けられますね。

 

 

そして更衣室の奥にはシャワー室とトイレがありました。

 

 

新しいので当然なのですが、トイレがピカピカ!

 

 

シャワー室も間仕切りがされており、ゆったりと汗を洗い流せそうでした。

シャワーヘッドも大きいので水圧も強そうです。

 

 

洗面スペースには3人が同時に利用できるくらい広々していました。

体の大きなバスケ選手でもゆったり使えそうな作りですね。

 

 

また更衣室には「監督室」という小部屋もありました。

 

 

この監督室でゲームの作戦などを考えるのでしょうか。

監督室のような部屋がそもそもあること自体、今回初めてしりました。

 

 

すこし離れたところに違うチーム用の更衣室

先ほどご紹介した更衣室のほかに、すこし離れたところに再び更衣室がありました。

 

 

ベンチの色が先ほどと違いますね。

部屋の作りもすこし違いました。

 

 

作戦を書くためのボードでしょうか。

こちらは常設のようですね。

 

 

更衣室の奥はシャワー室とトイレになっていました。

 

 

こちらの洗面スペースも広々していましたよ。

ゆったり使えそうです。

 

 

洗面スペースの反対側にはトイレがありました。

 

 

トイレには最新式のウォッシュレットが付いていました。

 

 

TOTO製のトイレでしたよ。

 

 

シャワー室には間仕切りがあり、カーテンも常設されていました。

 

 

ボルダリングウォールスペース

選手たちの更衣室を出ると、壁一面にボルダリングウォールスペースがありました。

 

 

写真だとやや分かりづらいですが、ボルダリングウォールは4面で構成されており、それぞれ角度が異なります。

 

 

今回は見学会でしたので利用することはできませんでしたが、オープン以降は自由に活用できるようになるのでしょうか。

気になるところですね。

 

メインアリーナ脇には審判室

メインアリーナの脇にはちょっとした小部屋がありました。

 

 

なんだろうと思って覗いてみると、そこは審判室でした。

 

 

中にはスタッフが座れるようにいくつかのテーブルが備えられていました。

 

 

そして部屋の奥には簡単な給湯室とトイレ、そしてシャワールームもありました。

審判室にシャワーがあるんですね!驚きました。

 

 

正面入り口周辺

最後に正面入口にやってきました。

 

 

正式にオープンしたらここから出入りできるようになるのですね。

とても楽しみです。

 

とにかく大きなアリーナだった!ここでハピネッツを応援したい

いかがでしたか?

ぐるりとメインアリーナの周辺を散策してみました。

 

ナイスアリーナ、とても広くておもしろそな施設だと感じました。

 

 

個人的にはこの広い空間で活躍するハピネッツの試合を生観戦したいなと感じました。

 

 

これからの発展に期待ですね!

 

今日のひとこと

なおぞう

 

今回メインアリーナや普段なかなか見ることのできないアリーナの裏側をご紹介しました。

 

本当は2階の様子やそのほかの場所の様子も触れられればよかったのですが、記事のボリュームが多くなってしまったため別記事にしました。もしよければ読んでみてください♪

 

[kanren id="7959"]