【横手公園 桜まつり】日程や見頃 駐車場や出店情報まとめ

 

秋田県横手市にある横手公園。

ここもまた秋田県内では桜の名所として知られています。

 

今回は横手公園のよこて桜まつりをご紹介します。

桜の見頃や見所、出店や駐車場情報をまとめました。

 

【 概要 】横手公園の桜まつりについて

秋田県横手市の横手公園で行われる「 よこて桜まつり 」は、会場となる横手公園で毎年開催される桜まつりです。

 

 

横手公園は1554年に小野寺輝道によって築かれた朝倉城(現:横手城)二の丸跡を整備した公園です。

天守閣様式の郷土資料館などがあり、緑豊かな市民の憩いの場になっています。

 

横手公園の敷地内にはソメイヨシノなど約3,000本の桜が彩ります。

またよこて桜まつりの期間中は夜間のライトアップも行われます。

 

2018年 よこて桜まつり期間

 

2018年4月21日(土) ~ 4月30日(月・祝)

 

※期間中は18:00~21:30までライトアップが行われます。

 

 

スポンサーリンク

【 桜の情報 】桜の見頃や見所は?

よこて桜まつりの見頃

桜まつりの期間中はその年の天候にもよりますが、毎年おおむね桜まつりの後半頃がおすすめのようです。

 

MEMO

 

取材に行った4月26日時点では満開でした。

 

平日でしたが桜まつりには大勢のお客さんがいましたよ。

 

 

よこて桜まつりの見所

個人的によこて桜まつりの見所は3つあると考えています。

 

【 見所1 】横手公園に向かう坂道の桜のトンネル

最初に紹介する見所は、横手公園の入り口周辺にある桜のトンネルです。

 

 

桜のトンネルの周辺には横手公園の入り口ゲートがあります。

 

 

また近くには横手公園の芝生駐車場がありますので比較的分かりやすいと思いますよ。

 

 

車を運転しながら桜のトンネルを楽しむことができます。

 

【 見所2 】下から眺める横手城

2つ目に紹介する見所は下から眺める横手城です。

「横手公園といえばここ!」というぐらい有名になった撮影スポットです。

 

 

ちょうど横手城に向かう石段があるのですが、その石段の下からの眺めがとにかく素敵!

 

横手城 + 石段 + 桜 + 灯籠 』がいいコントラストを演出します。

 

【 見所3 】横手城の展望台からの眺め

最後にご紹介する見所は横手城の展望台からの眺めです。

 

 

横手城の展望台からは横手公園の敷地内が一望することができます。

 

また公園内の桜を見渡せるほか、ここからは横手市内も眺めることができますよ。

 

 

MEMO

 

横手城に入館するには料金が100円かかります。

 

 

【 出店情報 】会場にお店はある?どこにいけばいいの?

桜まつりと言えば出店や屋台ですよね。

横手公園内を探したのですが、一般的な出店や屋台はありませんでした。

 

代わりに横手公園内には「 横手レストハウス 」というお店があります。

 

 

中では有名な横手やきそばをはじめとした各種メニューが揃っています。

 

 

食べ歩きはできませんが、お腹が空いたらお店を利用できるので安心ですね。

 

スポンサーリンク

【 駐車場情報 】横手公園の桜まつり駐車場事情はどうなっている?

横手公園内にはいくつか駐車場が整備されていますが花見に実用的な駐車場は次の3つだと感じました。

 

ひとつは先ほどもすこし触れた芝生駐車場です。

 

 

こちらは横手城がある横手公園桜まつりのメイン会場からすこし離れたところにあります。

車を駐車したらすこし歩きたいな 」という時におすすめだと感じました。

 

ふたつ目の駐車場は横手公園大駐車場です。

 

 

メイン会場の横手城まで一番近く、最も実用的な駐車場だと思います。

全体で150~200台ぐらい駐車できそうな印象でした。

 

取材に行った日も多くの人が利用していましたよ。

 

MEMO

 

写真には車は映っていませんが、私の背中側には車がたくさん駐められていました

 

 

最後に紹介する駐車場は横手城隣の駐車場です。

 

 

駐車場の分かりやすさで行ったらダントツです。

ですが駐車できるスペースが限られており、全体で10~15台分ぐらいといったところでしょうか。

 

 

人の通りも多くなりやすいところなので、心配な場合は2つ目に紹介した大駐車場をおすすめします。

 

【 散策コース 】横手公園の桜まつりルート紹介 実際に散策してみた

それでは横手公園内を散策してみたいと思います。

今回は横手公園に車を駐車するところからご紹介したいと思います。

 

横手公園敷地内は桜まつり期間中は一方通行になる

今回は横手城南高校から横手公園に入りました。

 

公園の敷地内は桜まつりの期間中は一方通行になるようです。

 

 

写真のように表示が出ますので、比較的分かりやすいと思います。

 

大駐車場に到着!車を駐車して横手城を目指す

公園敷地内を道なりに進むとやがて横手公園の大駐車場が見えてきます。

 

 

ここにはゴミ捨て場が設置されていましたので、桜まつりで出たゴミを捨てることができそうです。

 

 

また横手公園内の地図も掲載されていました。

 

 

この地図で横手公園内の散策コースを決めるのも良さそうですね。

 

この看板の裏側に遊歩道があります。

坂道を登って横手城を目指します。

 

 

『 よこて桜まつり 』ののぼりが桜まつりの雰囲気を出していますね。

 

 

横手城に到着!城の周りの桜がきれいだった!

遊歩道を登っていくと横手城の目の前に到着します。

 

 

横手城の周辺はちょっとした広場になっていました。

 

 

写真には映っていませんが、この広場をのんびり散策している人もたくさんいましたよ。

 

 

広場を囲むように桜も彩っていまいた。

 

 

横手城前の広場にはちょっとしたベンチもありました。

 

 

ここで休憩したりお弁当を食べたりピクニック気分も味わうのも良さそうです。

 

休憩スペースからは横手公園敷地内に整備されたも眺めることができますよ。

ちょっとした橋が架かっており風情がありました。

 

 

すこし遠いですが、公園内を散策すると橋の方にも行くことができます。

 

 

横手城周辺も桜がきれい!

今度は横手城を下から眺められるポイントに行ってみました。

途中お城をモチーフにしたようなトイレもありました。

 

 

横手城の前には石段があります。

下の方へ言ってみました。

 

 

下まで降りたら横手城の方を振り向きましょう!

横手公園と言ったら、この風景!」というような眺めを楽しむことができます。

 

 

すこし角度を変えて写真を撮ってみました。

周囲の灯籠もいい感じで映えますね!

 

 

横手公園にきたらあなたもぜひ写真を撮りましょう(笑)

 

横手城のふもとからは横手市内が一望できる

横手城のふもともちょっとした広場になっています。

 

 

横手公園の桜まつりには出店や屋台がありません。

代わりに横手レストハウスというレストランがあります。

 

 

 

中では有名な横手やきそばをはじめ各種メニューを楽しむことができます。

 

 

そして広場にはベンチも整備されています。

横手市内を一望できるスポットとして整備されていますので、足休めにもぴったりです。

 

 

横手公園からはふもとの横手川を見渡すことができます。

桜の季節はこの横手川沿いにもたくさんの桜が咲き誇るんですよ。

 

 

展望台からの眺めを説明するガイドも設置されていました。

初めての人でもどの方向に何があるのか、これを見ると分かるようになっています。

 

 

横手市内の眺望と桜のコラボも楽しめます。

高台から街を眺めながら桜も楽しめるスポットはなかなかめずらしいと思いました。

 

 

ここの広場にはちょっとした駐車場が整備されています。

 

 

車の出入りに気をつけて散策を楽しんでくださいね。

 

横手城の中に入ってみる

それでは横手城の中に入ってみたいと思います。

 

 

広場からも眺める横手城と桜のコントラストを楽しみながら横手城に向かいましょう。

 

 

横手城に入場する際はお金がかかります。

中に入ってすぐ左側に受付がありますので、入館料の100円を支払いましょう。

 

代金を支払うとチケットをもらうことができます。

 

 

このチケットでは発行当日に限り、横手市内4つの施設が楽しめるようになっています。

次の4つの施設が該当しています。

 

  • ふれあいセンターかまくら館
  • 横手公園展望台
  • 石坂洋次郎文学記念館
  • 後三年合戦金沢資料館

 

注意

チケットから半券を切り離すと使えなくなりますので気をつけましょう。

 

横手城の中は歴史が分かる資料が展示されていた

横手城に入ると横手の歴史にまつわる資料がたくさん展示されていました。

 

 

私は歴史に詳しい方ではありませんが、資料を読むことでその土地のことが分かるのは楽しいですね。

 

 

戦国時代のものでしょうか、甲冑(かっちゅう)が展示されていました。

 

 

昔使われていた物がそのままの形で残っています。

 

 

小道具なども展示されていました。

 

 

横手のかまくら写真も展示されていました。

 

 

横手城内ではこうした横手の伝統文化にも触れることができます。

 

横手城は展望台まで3回ほど階段を登ります。

この階段がなかなか急勾配なので登る時は気をつけてくださいね。

 

 

なかなか角度がある階段です・・・

 

 

階段には補助シートが取り付けられていました。

 

 

体が不自由な場合でもこれなら安心です。

利用する際は中のスタッフに一声かけると対応してくれます。

 

横手城の展望台に到着

横手城の展望台に到着しました。

 

 

ここの展望台にはベンチがありましたので座りながら風景を楽しむこともできます。

 

また東西南北どの方向も眺めることができるのも魅力的です。

東側は北上方面です。

 

 

展望台からは横手城前の広場を眺めることができます。

 

 

西側は由利本荘方面です。

 

 

横手川をはじめ横手市内を一望できます。

 

 

南は湯沢方面です。

 

 

横手城ふもとの駐車場周辺を眺めることができます。

 

 

そして北側は秋田方面となります。

 

 

西側と同じく横手市内を一望できます。

 

 

展望台からの眺めは北側と西側がおすすめです。

 

展望台には有料双眼鏡がありましたが、取材時は使用することができませんでした。

 

 

また花見の時期は大丈夫だと思いますが、暖かくなってくるとハチが入り込むことがあるのでドアは閉めておく必要があります。

 

 

展望台には車椅子も完備されていました。

 

 

また展望台には各方面から眺められる風景の紹介写真も掲示されていました。

 

 

初めて横手に訪れてもこれなら大丈夫です。

 

横手城の入り口に戻る

横手市内の眺望を楽しんだところで横手城の1階に戻ってきました。

 

ここまで横手の歴史について少しですが知ることができたので、横手年表もそれなりにすーっと頭に入ってきて楽しむことができました。

 

 

1階には横手市内のガイドマップも設置されていますので興味がある資料はもらっておきましょう。

 

 

私は記念スタンプを押してきました。

 

 

横手公園の駐車場まではすぐ

散策後は横手公園の大駐車場まですぐに戻ることができます。

遊歩道が整備されていますので、道なりに進むだけで元の場所に戻ることができますよ。

 

 

これで横手公園内の散策は一通り終わりました。

 

【 アクセス 】桜まつり会場までの行き方

横手公園までのアクセスですが、車の場合は秋田自動車道横手ICから国道13号経由で約15分です。

 

公共交通機関の場合は、JR横手駅から羽後交通バス大曲バスターミナル行きで約10分です。

(「幸町」で下車、そこから徒歩約12分です)

 

【 お問い合わせ先 】横手公園 桜まつり事務局

 

  • 名称:横手市観光協会
  • 住所:〒013-0023 秋田県横手市中央町8番12号
  • 電話:0182-33-7111

まとめ

 

いかがでしたか?

横手公園の桜まつり『 よこて桜まつり 』のことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

桜まつりの期間中は横手公園のいたるところがライトアップされますので、昼とは違った楽しみ方もできると思います。

 

夜桜を楽しむ時は夜風が冷たいので上に羽織るものがあるといいですよ。

 

 

こちらから記事の振り返りができます