一日250食を売る人気商品!自販機のうどんがセリオンで買えると話題

前回の記事では自動販売機のうどんを食べた話をご紹介しました。

⇒ 【再び訪問】秋田で人気!自動販売機のうどん蕎麦を喰らう旅

 

この自動販売機のうどんは持ち帰り用で買うことができることはご存知でしたか?

 

「これは買うしかないべ!」

ということで、早速買ってみましたので開封レビューをお届けします。

 

自販機のうどんはどこで買えるの?

自動販売機のうどんは秋田市土崎にある道の駅「あきた港」のセリオン物産コーナーで買うことができます。

 

 

物産コーナーは「セリオンガーデン」と呼ばれており、地元秋田の「おいしい」がたくさん販売されていますよ。

 

 

セリオンガーデンのレジの前にちょっとした冷蔵庫があります。

 

 

ここで自販機のうどんと全く同じものを買うことができます。

ひとつ210円(税込み)です。

 

なお、期間限定で時々そばも買うことができるようです。

取材時は4月だったため、ゴールデンウィーク期間中に限定で販売されることが告知されていました。

 

うどんの購入制限はあるの

うどん購入の制限は今のところないようです。

私の前に並んでいた2人のお客さんがそれぞれ7つずつ買っていました。(・・・すごい!)

 

今や秋田のおみやげとしても人気になっているようです。

 

スポンサーリンク

自販機うどんのパッケージ

さっそく私も買ってきました。

 

 

パッケージには自動販売機と同じデザインのものが使われていました。

 

 

そしてよく見える位置に原材料の表記も書かれています。

 

 

保存料や着色料など、健康に悪影響を及ぼすような添加物が使用されていないところが素敵です。

 

パッケージの側面には賞味期限のシールが貼られていました。

 

 

このうどんを購入した日は2018年4月20日でした。

冷蔵で約4~5日ですね。

 

中身は保存料が使われていない生麺ですので、購入後は暑いところを避けてなるべく早く食べる方がよさそうです。

 

自販機うどんの中身

ではうどんを開封してみましょう。

パッケージを開けるとこのようになっていました。

 

 

  • うどん(生タイプ)
  • めんつゆ
  • 七味唐辛子
  • 天ぷら

 

 

中身はこれだけ。

すごくシンプルです。

 

使われている容器、うどん、めんつゆ、天ぷらは全て自販機のものと同じものを使用しているようです。

 

パッケージの仕方もシンプルだった!

うどんや天ぷらのパッケージもシンプル。

真空パックなどではなく、透明なクリアシートがうどんの表面に置かれているだけでした。

 

 

天ぷらも透明な袋に入れてあるだけです。

 

 

イメージはスーパーで売られている冷やし中華のような感じでしょうか。

本当に「ザ・生麺」という印象でした。

 

濃縮タイプのめんつゆも入っています。

 

 

こちらはパッケージには賞味期限と原材料表記がされていました。

 

 

こちらのめんつゆには着色料のカラメル色素が使われていました。

 

MEMO

 

カラメル色素は発がん性が疑われている着色料と言われています。

 

子どもに与えるときなど気になる方は別のめんつゆで代用してもいいと思います。

 

 

個人的にはカラメル色素を使用していないめんつゆが添付されていたら文句なしの満点でした(*^^*)

 

スポンサーリンク

自販機うどんの作り方

作り方もとても簡単でした。

市販されているカップうどんを作っているようなイメージでした。

 

迷うことはないと思いますが、作り方の手順をご紹介しますね。

 

【手順1】うどんのクリアシートを外す

うどんの表面にはクリアシートが乗っています。

 

 

まずはこのシートを外しましょう。

 

 

こちらがシートを外したうどんです。

 

 

【手順2】お湯を注いで麺をほぐす

次は容器にお湯を注いで、麺をほぐします。

 

 

うどんは生タイプですので、乾麺のように待ち時間がありません。

箸で何回かかき混ぜたらオッケーです。

 

私はここで、かき混ぜたお湯を一度捨てて、また新しいお湯を入れました。

 

【手順3】添付のめんつゆを入れる

うどんに添付されているめんつゆを入れます。

 

私は普段はカラメル色素が使われていないめんつゆを使用していますが、今回はせっかくなので添付のめんつゆを使ってみました。

 

 

なかなか濃そうなめんつゆでした。

 

【手順4】めんつゆを入れたら再びお湯を注ぐ

うどんにめんつゆを入れたお湯を注ぎます。

 

 

お湯の量はお好みです。

お湯を注いだら添付の天ぷらを乗せます。

 

 

天ぷらを乗せたら添付の七味唐辛子もふりかけます。

 

 

これでうどんの完成です!

 

 

調理時間は2分くらいでしょうか。

あっという間でした。

 

自販機うどんを実食

では作ったうどんを食べてみたいと思います。

 

 

見た目は自動販売機のうどんと全く同じ!

持ち帰りうどんのいいところは、サクサクの天ぷらを食べられることでしょうか。

 

 

めんつゆをたっぷり吸収したひたひたの天ぷらもいいですが、サクサクもおすすめです。

 

気になる味は!?

気になる味ですが、これはもう自動販売機と全く同じ味でした!

唯一違う点を挙げるとすれば、持ち帰りうどんにはネギが入っていないので、ネギの風味がしないことでしょうか。

 

この辺りは家で刻んだネギを入れればクリアできますね。

お好みで味を変えられるところは持ち帰りならではの魅力なのではないでしょうか。

 

まとめ

 

食べ始めから約10分。

ぺろりと完食いたしました。

 

セリオンの自販機同様、うどんはあっさりとした鰹ベースで食べやすかったですよ。

 

うどんはセリオンの物産コーナー『セリオンガーデン』で販売されています。

気になった方はぜひ!

 

 

こちらから記事の振り返りができます