秋田県内で2019年2月に「開店・閉店」したお店情報まとめ

「第56回 なまはげ柴灯まつり」2019年も開催!ユネスコ無形文化遺産を間近で!

2019年2月8日(金)~10日(日)まで、男鹿市で「なまはげ柴灯(せど)まつり」が開催されます。

「なまはげ柴灯まつり」はみちのく五大雪まつりのひとつに数えられており、男鹿市北浦にある真山神社行われる冬の代表的な冬まつりとして定着しました。

 

昭和39年が始まりと言われており今回で56回目の開催となります。

まつりは毎年2月第2金曜日~日曜日に行われています。

 

「なまはげ柴灯まつり」概要

※スマホの場合は横スクロールできます。

開催日時
  • 日程:2019年2月8日(金)~10日(日)
  • 時間:18:00~20:30
開催場所なまはげ館 周辺
開催住所秋田県男鹿市北浦真山水喰沢
主  催なまはげ柴灯まつり実行委員会
問合せ先なまはげ柴灯まつり実行委員会
電話番号0185-24-9220

 

スポンサーリンク

「なまはげ柴灯まつり」 行事日程

イベント期間中は男鹿の伝統行事も披露されます。

3日間共通の日程で、次のようなイベントが企画されています。

 

公式サイトで日程が公開されていましたので、あきたナビでもご紹介したいと思います。

  • 18:00~
    鎮釜祭・湯の舞
  • 18:20~
    なまはげ入魂
  • 18:35~
    なまはげ行事再現

    男鹿市の大晦日に古くから行われている民俗行事「なまはげ」の再現を見ることができます。

  • 18:55~
    まなはげ踊り

    なまはげによる盛大な踊りや舞は必見です!

  • 19:05~
    なまはげ太鼓

    和太鼓となまはげを合わせた新しい郷土芸能です。

    「家内安全」「五穀豊穣」を願って迫力ある和太鼓演奏が披露されます。

    出演団体
    • 2月8日(金)男鹿っ鼓
    • 2月9日(土)恩荷
    • 2月10日(日)男鹿和太鼓愛好会
  • 19:05~
    なまはげ下山

    雪に覆われた真山からなまはげたちが降りてきます。

    その光景は幻想的で見るものを魅了します。

     

    観客のもとに降り立ったなまはげは境内を練り歩きます。

    まさに柴灯まつりのハイライトです。

  • 19:50~
    献餅(けんぺい)
  • 20:00~
    里のなまはげ乱入

    男鹿市内各地区の特徴的ななまはげが乱入します。

    いろいろななまはげがの迫力を見ることができます。

  • 20:30~
    護摩餅配り・記念撮影会

    柴灯火で焼いた切り分けられた大餅をなまはげが来場者に配ります

 

イベント会場図

会場内は立入禁止エリア以外は自由に移動してなまはげの迫力を観覧することができます。

▼会場内マップ

注意

会場内では安全と後方の観覧者への配慮の関係上、傘を使用することができません。

立見観覧席はスペースに限りがあるため立ち入り制限となる場合もあります。

 

2019年からの変更点

2019年の今回開催から、協賛金として入場料一人1,000円(高校生以下は無料)が発生します。

これは臨時駐車場の無料化に伴う変更点のようです。(協力金は当日現地で支払う形のようです。)

 

主催者公式サイト

「なまはげ柴灯まつり」の最新情報は公式ページをご確認ください。

 

アクセス

※スマホの場合は横スクロールできます。

開催場所なまはげ館 周辺
所在地秋田県男鹿市北浦真山水喰沢

駐車場敷地内に臨時駐車場あり
交通情報
  • 秋田市から車で約70分
  • 道の駅おがから有料シャトルバスで約40分
車を借りるレンタカー予約はこちら
周辺グルメ男鹿市周辺のおすすめグルメを探す
遊び・体験男鹿市周辺の遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先男鹿市周辺のホテル・宿泊施設を探す
MEMO

 

駐車スペースは限りがありますので、公共交通機関での来場がおすすめです。

 

妊婦さんや乳児がいる世帯、体が不自由な方などを対象としたハートフル駐車場(10台限定)もあります。

 

利用する際は事前に実行委員会(0185-24-9220)までお問い合わせください。

 

 

今日のひとこと

なおぞう

 

「なまはげ柴灯まつり」は今年で56回目の開催ということで、秋田県内でも歴史があるまつりのひとつです。

 

2018年になまはげはユネスコ無形文化遺産に登録されたので、なまはげの文化を学びながら観光としても楽しめそうですね!