秋田県内で2019年2月に「開店・閉店」したお店情報まとめ

秋田駅前の緑屋ビルに名作レトロゲームが楽しめるアーケードゲームセンターがあった

JR秋田駅の近くにある「緑屋ビル」で、かつての名作レトロゲームをアーケードゲームで楽しむことができるゲームセンターがオープンしていました!

扱っているゲームのタイトルがとにかく懐かしすぎたため、発見当時ひとりでテンションあがっていました。(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

 

これは個人的に嬉しすぎる大発見でした。

とにかく懐かしい・・・!

 

今回はJR秋田駅前にあるレトロゲームセンターをご紹介したいと思います。

 

場所はJR秋田駅前の緑屋ビル1階

レトロアーケードゲームが楽しめるゲームセンターはJR秋田駅西口のすぐ近くにある「緑屋ビル」の1階にあります。

▼緑屋1階にあるゲームセンターへの入り口。「グリーンライフ」の看板が目印。

 

▼お店の中をのぞくとガシャポンの販売機が見えます。

 

▼さらによく見ると営業時間を知らせる看板も掲げられていました。

 

緑屋ビルの同じ並びには居酒屋などがありますので、現地に行けばすぐに見つけられると思います。

 

スポンサーリンク

中にはいるとガシャポンがずらり!

建物の中に入ってまっ先に目に飛び込んできたのがズラリと並んだガチャガチャの販売機。

▼入り口を入ってすぐのスペースはとにかくガシャポンだらけ!

 

▼ガシャポン販売機は全部で約50台!とにかく種類が豊富でした!

 

▼中には大人気のドラゴンボールDUMシリーズもありましたよ。

 

ひと昔前のUFOキャッチャーやレトロゲームが鎮座!

ガシャポンコーナーのすぐとなりから、レトロ感ただよう懐かしい音楽が聞こえてきました。

行ってみるとそこにはひと昔前にはやったようなUFOキャッチャーやレトロゲームがズラリ!

▼あったあった!こんなUFOキャッチャー、昔よくあった!

 

▼地元の温泉施設に置いてあるようなすこし古いモデルのUFOキャッチャー。いや~懐かしい。

 

▼ほかにもレトロな機械がたくさんありました!

 

▼扱っている景品はわりと近年のもの。時代が交錯している感じがいいですね。

 

もうゲーム機を見ているだけで昔を思い出します。

 

今この記事を読んでいるあなたも「懐かしい~!」と感じているのでは?

レトロな雰囲気がたまらなく素敵ですよね。

 

ここにあるUFOキャッチャーなどのゲームはすべて100円でプレイすることができました。

早速UFOキャッチャーをプレイしてみましたが、ちゃんとアームが開いて稼働しましたよ。(景品は取れませんでした・・・)

 

いよいよレトロアーケードゲームとご対面!

UFOキャッチャーで懐かしさを味わったら、さらに店の奥に行ってみることに。

リフォームを終えたばかりのようなやや殺風景な通路を抜けると、そこには見るからにレトロなアーケードゲームがずらずらと並んでいました。

なおぞう

わあああぁぁぁぁーー

なつかしいーーー♪

 

記事執筆時(2018年12月18日(火))現在、全部で10台のアーケードゲームが設置されていました。

すべて1ゲーム100円でプレイすることができます。

 

よーく見るとアーケードゲームの機種はいずれも最新の機種ではなく、ひと昔前の「セガ ブラストシティー」というモデルでした。

▼ブラストシティーは知っている人も多いのでは?

 

最近の主流である対面式タイプや相手の顔が分からないオンラインタイプではなく、設置してある台はすべて「仲良し台」と呼ばれるプレイヤーが並んで座るタイプのモデルでした。

なおぞう

仲良し台は1998年~2005年頃の主流でしたね。

当時は秋田市内どこのゲームセンターに行ってもSEGAのブラストシティーでした。

 

どんなゲームがプレイできる?

みなさん気になるところはやはり「どんなゲームがプレイできるか」ですよね。

私も気になりました。

 

ということで、早速調べてみることに。

 

実際のアーケードゲームを見てみるとプレイキャラが8人しか選ぶことができない初代「ストリートファイターⅡ」や初代ボンバーマン、まだ相殺技がなかった頃の「ぷよぷよ」や「餓狼伝説スペシャル」などの懐かしすぎるレトロタイトルが並んでいました。

 

eスポーツが近年流行のきざしを見せている中、あえて1990年台に流行したレトロゲームを並べるという大胆さ

スーパーファミコン世代にとってはどれも懐かしいタイトルなのではないでしょうか。

 

▼もちろん両替機も完備!両替機もどこかレトロな雰囲気でした。

 

▼すこしレトロなトイレもありました。こちらは緑屋に昔からあるトイレですね。

 

▼もともとリサイクルショップということもあり、プライズのコーナーもありました。

MEMO

ディスプレイ内の気になる商品はゲームセンター奥にある「アソヴェ」のスタッフに問い合わせてみましょう。中の商品を見せてくれますよ。

 

しかしなぜ、緑屋の1階にレトロゲームがズラリと・・・?

気になったのですこし調べてみました。

 

実は2018年夏に一度有名になっていた

緑屋ビルのゲームセンターのことを調べているうちに、オープン時期が明らかになりました。

どうやら緑屋ビルのゲームセンターは2018年8月にはオープンしていたようです。

緑屋が費用を抑えながら空きスペースを活用できないか考え、格闘ゲーム「ストリートファイター2」など6台を8月に置いた。

出典:秋田魁新報 公式ページ

 

8月といえば、秋田県内では金足農業の甲子園での活躍に胸踊らせていた頃ですね。

レトロアーケードゲームは緑屋ビルリサイクルショップのオーナー渡辺さんが設置したんだそう。

 

このレトロアーケードゲームの様子はツイッターに取り上げられると一気に拡散しました。

▼拡散されたツイートがこちら

 

スタート時はアーケードゲーム6台から始まったレトロゲームセンターですが、今では全部で10台のアーケードゲームが並ぶまでに!

ゲームセンターのオープンから約4ヶ月が経ち、少しずつゲームコーナーの内容が充実していく様子が伝わってきます。

 

まだまだ穴場のゲームスポット感満載!

私が緑屋1階のゲームセンターに行ったときは、お客さんは私だけでした。

立地条件は秋田駅前ということで決して悪くないので、穴場のゲームスポットだなという印象を感じてきました。

 

最近は「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」や「プレイステーションクラシック」が販売されたこともあり、もしかしたら利用者は少ないのかもしれません。

ですが、秋田にもコアなファンを魅了させるようなレトロゲームが楽しめる空間ができたことは嬉しいですし、誇らしい気持ちになります。

渡辺さん:本格的に稼働させて、ゆくゆくは大会とかと絡められないかなと。駅前という立地上、高校生さんとかも覗いてくれたりして、ちょっとでも盛り上がっていけば面白いかなと思っています。

出典:電ファミニコゲーマー 公式ページ

 

オーナーの渡辺さんもゆくゆくは大会などと絡めたいと考えているそうです。

もっともっとここのゲームコーナーが認知され、いろいろなゲーマーやファンで秋田駅前がにぎわったらいいなと思いました。

 

アクセス

※スマホの場合は横スクロールできます。

開催場所JR秋田駅前 緑屋ビル1階
所在地秋田県秋田市中通2-7-6

駐車場駐車場情報はこちら
交通情報JR秋田駅から徒歩5分
車を借りるレンタカー予約はこちら
周辺グルメ秋田市周辺のおすすめグルメを探す
遊び・体験秋田市周辺の遊び・体験スポットを探す
周辺宿泊先秋田市周辺のホテル・宿泊施設を探す

 

今日のひとこと

なおぞう

 

個人的には8人しかキャラが選べず、しかも対戦で同じキャラを選ぶことができない初期のストⅡ(ストリートファイターⅡ)が設置されていたことが胸熱でした。

 

気がつけば100円を投入しストⅡのレバーを握っていました。

 

ケンでプレイし、途中ザンギエフに負けてしまったことはここだけの秘密にしておいてくださいね。