桜まつりや花見、ドライブや家族旅行で便利なレジャーグッズ10選

 

秋田県内の各地でも桜の開花が始まり、お花見が盛り上がってきましたね。

今回は桜まつりや花見などレジャーや行楽シーズンで活躍する、あると便利なおすすめ10のグッズをご紹介します。

 

もちろん紹介するグッズは桜シーズンが終わってからも使えるものばかり!

 

桜まつり後のゴールデンウィーク期間や夏の花火大会、ドライブや家族旅行など、年間を通していつでもどこでも活躍すること間違いなしです。

 

【グッズ1】レジャーシート

最初にご紹介するレジャーグッズはレジャーシートです。

レジャーシートは本当に万能で便利!

1枚持っているだけで地面に寝転がって花見ができますし、座りながら花見もできてしまいます。

 

花見に限らず天気のいい日に家族でドライブに行った時に、良さげな広場でさっとレジャーシートを広げるとピクニックだってできてしまいます。

 

楽しみ方の幅を一気に広げてくれるのがレジャーシートなのです。

 

せっかくのレジャーを台無しにしないために

「今日しか使わないから」と割り切って100円ショップのレジャーシートを用意しても構いません。

 

ですが安いレジャーシートだとサイズが小さいものが多く、またシートの生地が薄いことが多いためおしりが濡れることがあります。

 

せっかくのレジャーで残念な思いをしないためにも、100円ショップで売られているような安いレジャーシートはおすすめしません。

安いものには安いなりの理由があるのです。

 

レジャーシートの選び方

ではどのようなレジャーシートを選べば良いのでしょうか。

レジャーシートを選ぶときのポイントは次の3つです。

 

  • ある程度サイズがあるもの
  • 撥水加工されているもの
  • コンパクトに畳めるもの

 

この3つの条件をクリアしているレジャーシートであれば大丈夫です。

 

大は小を兼ねますし、撥水加工されていれば地面が濡れていても突然雨が降ってきても心配ありません。

さらにコンパクトに畳めると荷物がかさばりませんよね。

 

上記の条件をクリアしているレジャーシートがこちらです。

 

 

4人以上のグループで楽しみたい場合はこちらもおすすめ!

 

 

もしも会社の集まりや団体で集まる時は大きな丈夫な防水タイプのブルーシートがいいですね。

 

 

これで地面に座りながらの花見やレジャーも楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

【グッズ2】折りたたみテーブル

次に紹介するレジャーグッズは折りたたみテーブルです。

テーブルは特に食事の時に活躍します。

 

もちろん地面に敷いたレジャーシートの上に直接食べ物や飲み物を広げても問題はありません。

花見やピクニックらしくていいですよね。

 

ですが、自然の地面というのはいつでもフラットとは限りません。

むしろ小石や芝生などでボコボコしていて平面でないことの方が多いです。

 

そんなときに活躍するのが折りたたみテーブル。

テーブルをひとつ用意するだけでフラットなスペースができあがります。

 

これなら飲み物やしょうゆ皿など液体のものでも、こぼす心配はありません。

 

 

【グッズ3】折りたたみミニテーブル

「折りたたみとは言え、テーブルは持ち運びが大変!」という場合は、同じく折りたたみのミニテーブルがおすすめです。

こちらはレジャー用のテーブルとして作られているだけあり、コンパクトにたたむことができて持ち運びもかんたん!

 

コンパクトな分テーブルとしての面積は限られてしまいますが、飲み物を置くぐらいなら十分に対応してくれます。

ちょっとした補助台としても便利ですね。

 

 

スポンサーリンク

【グッズ4】クーラーボックス

4つ目にご紹介するレジャーグッズはクーラーボックスです。

花見の時期は比較的涼しいとは言え、天気がいい日は気温も上がります。

そうなると気になるのが持ち込んだ食品が痛まないかという心配です。

 

炎天下だと思っている以上に食品の痛みが進むことがあり、あとで食中毒になってしまってはせっかくの花見が台無しです。

 

また飲み物はぬるいよりは冷たい方がおいしいですよね。

缶ビールなんかは冷えている状態で飲みたいです。

 

用途に応じてクーラーボックスを使い分けよう

クーラーボックスは実にいろいろなサイズが用意されています。

人数やその時の用途によって使い分けるといいですよ。

 

カップルや夫婦で行くなら、1~3人用の小さめのクーラーボックスでも十分です。

 

 

また数人のグループで行くなら3~5人用の大きめのクーラーボックスがいいですね。

46リットルもあれば十分な量を入れることができます。

 

 

またクーラーボックス単体だけではほとんど保冷効果は期待できません。

最大限にその効果を引き出すために保冷剤の用意をおすすめします。

 

 

保冷剤はソフトタイプもあります。

私は普段ソフトタイプを使うことが多いです。

 

 

【 裏ワザ!】保冷剤を持ち出さなくてもクーラーボックス内を冷やす方法

クーラーボックスに保冷剤が必須なことが分かりました。

 

ですが、保冷剤ってけっこうかさばることが多いです。

だからと言って、途中で処分するにはもったいないし・・・。

 

保冷剤を持っていかなくてもクーラーボックスの中身を冷やす方法が知りたい!

欲張りなあなたを満たすアイディアがあるのでご紹介します。

 

それは、冷凍食品の枝豆を持っていく方法です。

冷凍食品の枝豆を保冷剤代わりにしてしまうのです。

 

  • 袋に入っているので自由に折り曲げしてクーラーボックス内を冷やせる
  • 枝豆が嫌いな人はほとんどいない
  • 花見の席でもドライブでもおつまみになる
  • 当然食べてしまえば荷物もかさばらない

 

メリットだらけですね笑

 

 

【グッズ5】ガスバーナーコンロセット

5つ目に紹介するレジャーグッズはガスバーナーコンロセットです。

日中はぽかぽか陽気でも、夕方になると意外と肌寒くなるのが花見です。

 

花見に限らず外のレジャーでは、夜は大体冷え込みます。

そよそよと風も吹いてくると体の内側から暖をとりたい気持ちにもなるものです。

 

コンビニに行って温かいお茶を買ってきてもいいですが、せっかくなのでその場で温かいものを作ってみてはいかがでしょうか。

 

ガスバーナーコンロはアウトドア用に作られているので、コンパクトに持ち運びすることができます。

 

これがあれば現地で温かいスープやコーヒーが飲めます。

お腹が空いたらカップラーメンも作れます。

 

火で暖もとれるので一石二鳥ですよ。

 

 

風対策にウインドスクリーンがあると便利

外が冷えてくるということは、ある程度の風が吹いていることが予想されます。

風が吹くと火は安定しないのでうまく温めることができません。

 

そんな時はウインドスクリーンがあると便利です。

ガスコンロの周りにさっと立てるだけで火は風の影響を受けなくなります。

 

あなたはきっと、風の影響を受けないことのありがたさを実感するはずです(笑)

 

もちろんウインドスクリーンは折りたたむことができますので、コンパクトに収納することができます。

調理がスムーズに行える必須アイテムですよ。

 

 

【グッズ6】懐中電灯

6つ目に紹介するレジャーグッズは懐中電灯です。日中の花見には必要ありませんが、懐中電灯が活躍するのは夕方から夜にかけての夜桜です。

また夜桜鑑賞を終えた後の荷物を片付けるときも、周辺を照らしてくれるので便利です。

 

辺りが暗くなるまで花見を楽しみたいとお考えの時は懐中電灯が一本あるといいですよ。

 

 

今ならLEDランタンもおすすめ

花見を楽しんでいる最中は、周辺に街灯などの明かりがあればいいのですがない場合も当然あるわけです。

 

周辺を照らしてくれるものがないと、辺りが真っ暗になりますのでなんともさびしくなります。

 

懐中電灯でもいいのですが、こんな時はLEDランタンがおすすめです。

ランタンなので懐中電灯よりも広いエリアを明るく照らしてくれます。

 

きっと片付けの時もLEDランタンは活躍することでしょう。

 

 

【グッズ7】ラップ

7つ目に紹介するレジャーグッズはラップです。

使い捨ての紙皿であれば特に必要ありませんが、紙皿も毎回買っていては結構お金がかかります

 

そのような時はラップを用意した皿の上に敷くことで汚れを防いでくれます。

 

使ったあとはラップを外して捨てるだけ。

実にお手軽です。

 

洗う手間や資源のことを考えればラップはなかなか活躍してくれます。

 

用意するラップは無添加のものを

ラップは添加物が入っていないポリエチレンのものがおすすめです。

 

塩化ビニルが含まれているラップだと熱の影響を受けると、人体に有害な物質が溶け出してしまうからです。

ラップを用意するときは裏の原料表示の確認を忘れずに!

 

 

【グッズ8】ゴミ袋

8つ目に紹介するレジャーグッズはゴミ袋です。

ゴミ袋、意外と準備で持ち忘れます(笑)

 

ゴミ袋自体はスーパーでもらえるような買物袋で大丈夫です。

花見やドライブなどのレジャーでは意外とゴミがでますので、ゴミをまとめる用にあると便利です。

 

 

【グッズ9】ウェットティッシュ

9つ目に紹介するレジャーグッズはウェットティッシュです。

ウェットティッシュはレジャーでは万能であり必須アイテムです。

手やシートについた汚れをさっと拭き取れるし、使ったウェットティッシュはそのままゴミに捨てられます。

 

ただのティッシュだと乾いているし、おしぼりだと荷物がかさばってしまう・・・。

この悩みを解決してくれたのがウェットティッシュなのです。

 

 

【グッズ10】ポリタンク

最後にご紹介するレジャーグッズはポリタンクです。

行き先によっては近くに水がないことがあります。

水がないと手を洗うことができませんし、お湯を沸かすことだってできません。

 

日帰りの花見やドライブであれば10リットルのポリタンクひとつあれば十分

 

10リットルサイズは思いのほかコンパクトですし、中の水を使った分だけポリタンクは軽くなります。

ひとつ用意しておくだけでも違いますよ。

 

 

【 おまけ 】一度に荷物を運搬できるキャリーワゴン

ここまで一通り花見などのレジャーに必要なグッズをご紹介してきました。

ですが、紹介したグッズを全部持ち込むとなると会場と車を何回か往復しなければならず、これが結構大変です。

 

そんな時はキャリーワゴンがあると便利です。

写真のキャリーワゴンは最大100キロ、108リットルまで対応しているのでほとんどの荷物をカバーできます。

さらにこのキャリーワゴン自体を折りたたむことができますので、コンパクトに持ち運びできます。

 

減らせる手間はとことん削り、仲間や大切な人との花見やレジャーを楽しみましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

花見で活躍すること間違いなしのレジャーグッズを10選でした。

 

途中、補足でいくつかのグッズも紹介しました。

いずれも花見や花火大会、ドライブや車で行く家族旅行にはピッタリのアイテムです。

 

すべて揃えられたら一番いいのですが、もちろん必要なものだけ買い揃えてもオッケーです。

あなたの用途に合わせて選んでみてくださいね。

 

こちらの記事もおすすめ

秋田の花見 桜まつり特集

 

こちらから記事の振り返りができます