竿燈まつり2018いよいよ開催!秋田市内も竿燈の準備が整ってきました!

いよいよ2018年8月3日(金)から6日(月)までの4日間、秋田市で竿燈まつりが始まります!

 

【秋田の祭り】竿燈まつり 2018年も竿燈大通りで4日間開催!

 

秋田市内の各所でも竿燈まつりに向けて順次準備が整ってきたようです。

今回は地域の今の様子をご紹介したいと思います。

 

竿燈妙技会の会場 エリアなかいちの様子

昼竿燈でおなじみに「竿燈妙技会」の会場となっているエリアなかいちでは、飾り提灯の装飾が終わった模様です。

 

 

広小路の通りに面してつらつらと並んだ竿燈まつりスポンサーの飾り提灯。

 

 

これだけでもなかなか見応えがあります!

 

 

竿燈妙技会の会場となりにある秋田キャッスルホテルの付近には「秋田竿燈まつり」ののぼり旗があがっています。

 

 

またエリアなかいちの周辺にも秋田竿燈まつりと書かれたのぼり旗が随所にあがっていますので、散歩がてらぜひ探してみてください(^o^)

 

 

スポンサーリンク

みずほ銀行となりに竿燈屋台村中央会場が登場

みずほ銀行となりには竿燈期間中に限定で開催される「竿燈屋台村 中央会場」の準備が着々と進められています。

 

 

ここにも「秋田竿燈まつり」と書かれた大きなのぼりがありますので、現地に行くとすぐに分かります。

 

竿燈屋台村 中央会場の場所はこちらです。

 

 

竿燈大通りの桟敷席も完成

夜竿燈のメイン会場となっている竿燈大通りに設置された桟敷席も完成しました。

 

 

この桟敷席は主に竿燈を楽しみに来た県外の観光客さんが利用しています。

 

竿燈まつりを盛り上げる差し手たちの演技を間近で見ることができるとして、毎年名所になっています。

 

スポンサーリンク

秋田駅前のアゴラ広場には飾り竿燈が登場

秋田駅前のアゴラ広場には一番大きな竿燈とほぼ同じサイズの飾り竿燈が飾られています。

 

 

秋田の竿燈まつりをPRしようと、2014年頃から毎年設置されています。

竿燈の迫力を目の前で体感することができますよ。

 

竿燈まつりに参加する各町内も必見

竿燈まつりに参加する各町内(団体)の飾りも華やかで、竿燈まつり期間中の名物となっています。

 

写真は秋田の繁華街・川反にほど近い場所にある「本町五丁目竿燈会」の会所を正面から撮影したものです。

 

 

竿燈期間中は夜になるとライトアップされますので、また昼とは違った表情を見せてくれます。

 

 

今回は本町五丁目竿燈会を取り上げましたが、ほかにも各町内工夫を凝らした飾りは魅力的です。

 

竿燈まつり期間中はぜひ各町内の飾りも楽しんでくださいね(^o^)

 

今日のひとこと

なおぞう

 

竿燈まつりの期間中は竿燈大通りで夜本番の竿燈を楽しむのもいいですが、屋台村で祭りの雰囲気に触れてみるのも楽しいですよ。

 

また意外と知られていませんが、夜本番の竿燈まつりが終わると各団体は自分たちの町内に戻って戻り竿燈を披露します。

 

この戻り竿燈は各町内のカラーがよく出るイベントとして楽しいと、最近注目されるようになりました。

 

ぜひ竿燈期間中は戻り竿燈も楽しんでくださいね(^o^)