【注意喚起】秋田県内 能代中心にインフルエンザ患者が急増中

2018年12月27日(木)時点でのインフルエンザの患者数が1医療機関あたり3.74人と秋田県が発表しました。

これは2018年12月23日(日)までの1週間に報告された人数で、前の週に比べてやく77%増加したようです。

秋田県は27日、県内医療機関から23日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者数が1医療機関当たり3・74人で、前週(2・11人)より77%増加したと発表した。

出典:秋田魁新報 公式ページ

 

秋田県内の地区別で見ると、インフルエンザ患者は能代地区が7.75人と最も多く、次に湯沢・秋田と続いています

 

インフルエンザを予防するには?

一般的に最も効果的と言われているのが、インフルエンザワクチンの接種です。

各医療機関で受けることができますが、医療機関ごとに扱っているワクチンの本数が異なるため気になる方は最寄りの医院に問い合わせしてみてください。

 

また小さな子どもがいるご家庭や保育など子どもと関わる仕事に携わっている方は早めのワクチン接種が推奨されています。

MEMO

インフルエンザワクチンは13歳未満の場合は2回接種となります。

 

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンの効果が現れ始めるのは?

季節性インフルエンザワクチンの効果が現れ始めるのは、一般的にワクチン接種2週間~3週間後と言われています。

またワクチンの効果は最大で5ヶ月程度となっています。

ワクチンの予防効果が期待できるのは、接種から2週後から5ヵ月程度までと考えられている。

出典:日本生活習慣病予防教会 公式ページ

 

インフルエンザワクチンの料金は?

インフルエンザワクチンの料金は各医療機関ごとに異なっています。

秋田県の場合、ワクチンの相場は1本あたり(1人あたり)2,500円~3,500円となっているようです。(自身の経験談)

 

医療機関によって設定されている値段が異なることが特徴です。

 

インフルエンザを予防する5つの対策

インフルエンザはインフルエンザウイルスが体内に入ることで発症しますが、やはり一番の予防対策は体内にインフルエンザウイルスを入れないことです。

インフルエンザを予防する主な方法として次の4つが推奨されています。

インフルエンザに効果的な4つの対策
  1. 人混みや繁華街への外出を控える
  2. 外出後は手洗い・うがいを行う
  3. 適度な湿度を維持する
  4. 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を心がける

 

厚生労働省 インフルエンザ総合対策サイト

厚生労働省がインフルエンザに関する報道発表資料を公表しています。

 

秋田県内のインフルエンザ流行レベルマップ

全国のインフルエンザの流行マップを確認することができます。

秋田県内も9つの保健所管内の情報を閲覧することができます。