【本荘公園 桜まつり】駐車場や出店情報 観桜会の日程や桜の見頃まとめ

秋田県由利本荘市にある本荘公園。

ここもまた秋田県内では桜の名所として知られていますね。

 

今回は本荘公園の本荘さくらまつりをご紹介します。

桜の見頃や見所、出店や駐車場情報をまとめました。

 

【 概要 】本荘公園さくらまつりについて

秋田県由利本荘市の本荘公園で行われる本荘さくらまつりは、会場となる本荘公園で毎年開催される観桜会です。

 

 

本荘公園は本城豊前守満茂が土塁と壕で築いた城の城址となっています。

大正時代に史跡公園として整備され、今のような形になった言われているんですよ。

 

本荘公園の敷地内にはソメイヨシノなど約1,000本の桜が彩ります。

また本荘さくらまつりの期間中は夜間のライトアップも行われます。

 

2018年 本荘さくらまつり期間

 

2018年4月13日(金)~ 4月22日(日)

 

※期間中は21:00までライトアップが行われます。

 

 

【 桜の情報 】桜の見頃や見所は?

本荘さくらまつりの見頃

まつり期間中はその年の天候にもよりますが、毎年おおむね桜まつりの後半頃がおすすめのようです。

 

2018年4月20日(金)追記

 

テレビのニュースで本荘公園の桜が満開になったと発表されました。

 

今年2018年のピークは2018年4月21日(土)~ 4月22日(日)の週末で決まりですね!

 

 

本荘さくらまつりの見所

個人的に本荘さくらまつりの見所は3つあると考えています。

 

【 見所1 】屋台(出店)の周辺

最初に紹介する見所は、屋台の周辺です。

 

 

おそらく本荘公園の桜まつり期間中、大勢の人で一番にぎわう場所なのではないでしょうか。

 

ここを歩いているだけで「花見に来たな」という気分にさせてくれます。

屋台からのおいしそうな香りに、おなかが空くこと間違いなしです!

 

【 見所2 】修身館の展望台からの眺め

本荘公園は小高い山のようになっています。

頂上付近に行くと『 修身館 』という施設があるのですが、ここにはちょっとした展望台があります。

 

 

ここの展望台の眺めがなかなかよく、本荘公園内を一望することができます。

 

 

【 見所3 】鳥海山と桜のコラボ

天気がいいと本荘公園から鳥海山が見えます。

公園内にはちょうど鳥海山が見えるポイントがあるのですが、ここに行くと鳥海山と桜のコラボを眺めることができます。

 

 

まるで絵に描いたような風景を楽しむことができます。

 

勢至公園の桜まつりでも鳥海山を眺めることができますが、ここではまた違った表情を楽しむことができますよ。

 

桜の時期はちょうど鳥海山の雪解けが始まる時期です。

雪で白く染まった鳥海山と、ピンクに彩る桜のコラボはこの時期ならではの風景です。

 

本荘公園に遊びに来たら、必ずチェックしておきましょう。

鳥海山が見えるスポットは後述しますね。

 

スポンサーリンク

【 出店情報 】会場にお店はある?どこにいけばいいの?

本荘さくらまつりの会場には屋台などのお店がちゃんとありますよ。

先ほどもすこし触れたのでもう分かりますよね。

 

本荘公園内に入ると、まず目の前に大きな石段があります。

 

 

ここの石段を登るとすぐ左手に出店が並んでいます。

 

 

食べ物からゲームまで、様々な出店が約50メートルに渡って並んでいます。

 

 

 

ご存知のとおり、料金はどこのお店も桜まつり価格です(^o^;)

 

でも今日はまつり!

この日くらいは奮発してもいいのではないでしょうか。

 

【 駐車場情報 】本荘公園の駐車場事情はどうなっている?

本荘公園の周辺には臨時駐車場が4ヶ所あります。

一番大きく利用しやすい所は本荘公園のすぐ隣にある本荘市役所の駐車場です。

 

地図を掲載しておきます。

赤枠の場所が臨時駐車場です。

 

 

この地図は本荘市役所の駐車場入口付近に掲載されています。

この地図には本荘公園案内図のほかに、由利本荘市全体の案内図、広域案内図が掲載されています。

 

 

スポンサーリンク

本荘公園のルート紹介 実際に散策してみた

ここまで本荘さくらまつりの概要や桜の見所、出店情報や駐車場情報などをご紹介しました。

ですが本荘公園の敷地内は実際どのような作りになっているのか気になりますよね。

 

実際に本荘公園内を散策したのでレポートをお届けします。

本荘公園や本荘さくらまつりの雰囲気がすこしでも伝われば嬉しいです。

 

本荘公園の入り口からスタート

スタート地点は本荘公園の入り口です。

本荘公園は元々お城だったので、公園の周りはお堀になっています。

 

お堀の橋を渡ると、本荘公園の入り口があります。

 

 

なかなか立派な門ですよね。

門をくぐると本荘さくらまつりの入り口ゲートが見えてきます。

 

 

本荘さくらまつりのゲートは地域のお店情報がズラリ!

 

秋田県内の桜まつりでここまで大きく立派なゲートは初めて見ました。

 

ゲートには地元美倉町のお店情報が掲載されていました。

 

 

 

MEMO

 

耕玉堂 佐々木印舗 』はご存知ですか?

1本1本のはんこをこだわって作っている職人のお店です。

 

評判は知っていましたので、私もはんこをを作ってもらったことがあります。

 

丁寧に仕上げられたはんこは今でも私の大切な1本。

耕玉堂 佐々木印舗、おすすめです。

 

⇒ TEL:0184-22-0437

 

 

石段を登っていこう!

ゲートをくぐると石段があります。

 

 

なかなか高い石段ですので、お城の名残を感じることができるのではないでしょうか。

石段の上からは本荘公園の広場を見渡すことができます。

 

 

石段を登ると本荘公園内の地図があります。

ここで公園内の散策コースを決めても良さそうですね。

 

 

おいしそうな屋台がずらり!花見気分を味わおう!

ここまでも何回か触れてきていますが、石段を登ると左手側に様々な出店や屋台が並びます。

 

 

 

約50メートルに渡って屋台が並ぶので、気になるお店は行ったほうがいいですね。

 

私は飲食系の出店が気になりました。

 

 

 

屋台の周辺にはちょっとした遊具がある

屋台のそばにはちょっとした遊具が整備されており、たくさんの親子でにぎわっていました。

 

 

またちょっとしたやぐらもあり、すこし高い場所から公園内を眺めることができましたよ。

 

 

やぐらには階段を登ってあがります。

 

 

中はぐるぐる回って登るタイプの階段になっています。

 

 

やぐらからの眺めです。

公園通路側の桜がきれいに見渡せます。

 

 

やぐらからは本荘公園の下を走る道路側も見渡すことができました。

こちらの桜もきれいです。

 

 

やぐらから降りて公園の散策に戻ります。

 

公園内にはトイレもありました。

トイレはきれいに整備されていました。

 

 

遊歩道には覆いかぶさってくるかのような桜のトンネルが続いていました。

 

 

これだけ風情があると桜吹雪の中も歩いてみたくなりますね。

 

公園内にはいくつかの入り口と休憩所がある

本荘公園の敷地内にはいくつか駐車場があります。

それらの駐車場から公園まで道がつながおり歩いていくことができます。

 

 

また所々に座って休めるところもあります。

屋根がありますのでちょっと休憩したいときや食事をするときに便利です。

 

 

本荘公園の頂上を目指す

本荘公園は小高い山のようになっています。

そのため、遊歩道は比較的坂道が多い印象です。

 

 

山の上からは、さきほど歩いた休憩スペースが見えました。

 

 

ちょっとしか歩いていないと思っていたのに、意外と高いところに来た感じがしました。

 

上から眺める風景も桜がきれいなのでおすすめです。

 

 

頂上を目指して歩いていたら、人が集まっているポイントに着きました。

 

 

実はこのポイントからは鳥海山がよく見えます。

記事で後述すると触れていた、3番目の桜見所スポットがここです。

 

今の時期は雪解けが始まった鳥海山を見ることができます。

天気が良い日は白い鳥海山とピンクの桜のコントラストを楽しむことができますよ。

 

 

 

頂上付近には本荘神社がある

本荘公園の頂上の広場には『 本荘神社 』と呼ばれる神社があります。

 

 

神社では何人か参拝している人もいました。

 

 

またここの境内は桜がきれいなポイントとして知られています。

 

 

境内から眺める桜を撮影している人も多かったですよ。

 

 

ほかにはまるでインスタ映えしそうな鳥居もありました。

 

 

連続した鳥居は眺める角度によって表情を変えてくれました。

なかなかこうした鳥居は秋田には少ないので、見ていて飽きなかったですね。

 

 

修身館の展望台からは本荘公園を一望できる

本荘公園の頂上広場には、本荘神社のほかに『 修身館 』と呼ばれる施設がありました。

 

 

敷地内の施設には展望台があり、本荘公園を一望することができます。

記事でも触れてきた、2番目の桜見所スポットですね。

 

 

MEMO

 

ここは月曜日が休館日となっています。

 

(月曜日が祝日の場合は翌日休館です)

 

 

 

 

中に入るとまずは畳の空間が目に飛び込んできました。

 

 

ここのスペースは町内会の集まりなどで利用できるようです。

 

 

奥に進むと階段があります。

この階段を登って展望台へと行きます。

 

 

展望台は土足厳禁ですので、ここでスリッパに履き替えます。

 

階段を登るとさらに螺旋階段があるので登っていきます。

頭上注意です。

 

 

展望台に到着しました。

ここからはぐるりと本荘を360度眺めることができます。

 

 

本荘公園内の桜が一望できるとあり、人気のスポットになっています。

 

 

 

帰りはまた螺旋階段を降りていきます。

引き続き頭上注意です。

 

 

螺旋階段の空間は天井が低くなっていますので、移動時は気をつけてくださいね。

 

修身館の敷地内にはトイレもある

修身館の敷地内には誰でも利用できるトイレもありました。

 

 

きれいに整備されたトイレでしたよ。

 

階段を降りて元の場所に戻る

修身館の裏手には階段があります。

 

 

ここの階段を降りると元の出店の周辺に戻ります

本荘公園を一周せずに頂上を目指したい場合は、この階段からショートカットできます。

 

これで本荘公園内をぐるっと一周散策したことになります。

 

アクセス方法・お問い合わせ先

本荘公園のアクセス方法

本荘公園までは国道7号線から車で約10分、本荘インターチェンジから車で約13分のところにあります。

 

 

お問い合わせ先

 

  • 名称:由利本荘市観光協会本部・本荘支部(由利本荘市観光文化振興課内)
  • 住所:〒015-8501 秋田県由利本荘市尾崎17番地
  • 電話:0184-24-6349(土日祝は休み)

 

まとめ

いかがでしたか?

本荘公園の桜まつり『 本荘さくらまつり 』のことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

2018年の桜まつりは4月22日(日)まで行われます。

期間中は本荘公園のいたるところがライトアップされますので、昼とは違った楽しみ方もできると思います。

 

夜桜を楽しむ時は夜風が冷たいので上に羽織るものがあるといいですよ。

 

 

こちらから記事の振り返りができます