もう買い物で迷わない!ハピネッツ応援グッズを徹底レビュー

 

前回は「この3つのグッズがあればハピネッツの応援で困らずに盛り上がれるよ」という内容の記事を書きました。

 

 

しかーし!

ハピネッツのグッズは、まだほかにもたくさんあるわけです。

 

実際にアリーナに行った人であれば分かると思いますが、販売ブースに行けば実に多くのグッズが売られています。

 

 

 

種類がありすぎて何を買おうか現地で迷ってしまった・・・という人も中にはいるのではないでしょうか。

 

私も実際に商品選びに悩んでしまったことがありましたが、そんな時はいつもこんなことを考えていました。

あらかじめグッズの素材感や使用感、価格が分かったらいいのにな。

 

ということで、すこしでもあなたのグッズ選びのお手伝いができるようにハピネッツのグッズまとめてみました。

 

記事では基本的に『自分が買って良かったと感じたグッズ』『プレゼントされて嬉しかったグッズ』を紹介しています。

 

内容がかなりのボリュームになってしまいましたが、ハピネッツグッズの素材感・使用感・値段が知りたい人はぜひ最後まで読んでみてください♪

 

【グッズ1】ハピネッツ応援Tシャツ

最初に紹介するハピネッツグッズは応援Tシャツです。

応援Tシャツは2016年10月のBリーグホーム開幕戦以降、何度かプレゼント企画が実施されていますので持っている人も多いグッズかもしれませんね。

 

秋田さバスケTシャツ(来場者全員プレゼント)

 

項目 内容
サイズ 一律 Lサイズ
 素材 速乾性メッシュ
 配布方法 来場者プレゼント(非売品)

 

スラムダンク作者の井上雄彦氏がデザインしたキャラクターが施された応援Tシャツです。

こちらのTシャツは2018年3月17日(土)に行われた『 vs Fイーグルス名古屋戦 』で来場者全員にプレゼントされました。

 

当初予想していた来場者数を、当日は大幅に超えてしまいました。

そのため配布予定だったTシャツが品切れになってしまったことは記憶に新しいですね。

 

デザインを拡大した写真がこちら。

 

 

うぅ・・・、ピンクが目にしみる・・・。

こちらの本のデザインがモチーフとなっているだけあり迫力がありますね。

 

背面には『 秋田さバスケ 』の文字とハピネッツのロゴがデザインされています。

 

 

文字とロゴを拡大した写真がこちら。

 

 

秋田の『田』の時がバスケットボールになっていたり、バスケの『バ』の時がプレイヤーになっていたり。

なかなかオシャレなデザインですよね。

 

ポリエステル100%のメッシュ素材でサイズは一律Lサイズです。

 

 

 

メッシュ素材ですので伸縮性に優れています。

アリーナの演出で動いたり、応援でスタンディングする時も気にしないで着用することができました。

 

秋田にはBがあるTシャツ(先着4,000名限定プレゼント)

 

項目 内容
サイズ  LLサイズ、Lサイズ
 素材 速乾性メッシュ
 配布方法 来場者プレゼント(非売品)

 

続いて紹介するTシャツは、2017年2月18日(土)に行われた『 vs横浜ビー・コルセアーズ戦 』で来場者先着4,000名に配布されたTシャツです。

 

Tシャツの真ん中に『 WE’VE GOT “B” IN AKITA (秋田には”B”がある)』というロゴがデザインされています。

 

ロゴを拡大した写真がこちら。

 

 

なかなかキャッチーなロゴですよね。

個人的に一番好きなデザインです。

 

そしてTシャツの背面がこちら。

 

 

シャツの背面には無地になっており、デザインは特に施されていません。

 

ポリエステル100%のメッシュ素材でサイズはLLサイズです。

このTシャツ、子どもにはLサイズが配布されていました。(無くなり次第終了)

 

 

 

秋田さバスケTシャツ同様、メッシュ素材のため伸縮性に優れています。

サイズもLLとゆとりがありますので、大人の男性でも無理なく着ることができると感じました。

 

【グッズ2】FANSユニフォーム

 

項目 内容
サイズ  フリーサイズ
 素材 速乾性メッシュ
 配布方法 ゴールド会員限定品

 

ハピネッツファンクラブのゴールド会員になるともらうことができるFANSユニフォームです。

 

写真のFANSユニフォームはBリーグ元年の2016-2017シーズンのもので、なまはげと竿燈がデザインされています。

 

MEMO

 

翌年2017-2018シーズンのFANSユニフォームは大曲の花火がモチーフのデザインでした。

全体的に黒ベースになっている点が特徴的です。

 

詳しくはこちらの記事に書いています。

⇒ ハピネッツFANSデー初参戦!選手とファンで作るアリーナは素敵だった!

 

 

デザインを拡大した写真がこちら。

 

 

そして背面のデザインがこちら。

 

 

まるみを帯びた雰囲気の背番号がデザインされています。

背番号の拡大写真がこちら。

 

 

ポリエステル100%のメッシュ素材で、サイズはフリー(表記なし)です。

 

 

 

フリーサイズですが、選手のサイズを意識してなのかやや作りが大きな印象でした。

ゆとりをもって着ることができますが、ややダボダボするかもしれません。

 

【グッズ3】ペンライト(ビガビガ棒)

先日ツイッターで「 ハピネッツ観戦に便利な3つのグッズがこちら。 ①Tシャツ ②メガホン ③タオル 」とつぶやいたら、嬉しいことに「ビガビガもあったらいい!」という反応の声をお寄せいただきました。

(ありがとうございますっ!♪)

 

 

 

オープニングセレモニーの演出には欠かせませんからね!

 

ということで、ビガビガの魅力を全力でご紹介したいと思います(笑)

 

ビガビガの使い方(電池交換と電源の入れ方)

今回記事で取り上げているビガビガは12色切り替えができる棒タイプです。

 

ビガビガの使い方はとってもかんたん!

・・・と張り切って断言してみましたが、実は私、初めてビガビガを手にした時はどう扱えばいいのかさっぱり分かりませんでした。

 

ということで、まずはビガビガの使い方から解説したいと思います。

 

【手順1】ビガビガに電池を入れる

まずはビガビガに電池を入れましょう。

単4電池が3本必要です。

 

本体裏に電池のフタがありますのでパカッと外しましょう。

 

 

フタが外れたら本体に単4電池を入れます。

中にリボンがありますが、電池を外しやすくするものなので間違って切らないように。

 

 

リボンの上から電池を入れていきます。

あっ、電池のプラスとマイナスの向きは間違えないでくださいね!

 

3本の単4電池を入れたら外した電池のフタを付けてください。

 

 

 

フタを閉めたら下準備はおしまいです。

さて、いよいよ電源を入れていきます。

 

【手順2】電源を入れる

本体をよく見ると3つのボタンが並んでいることに気付くと思います。

 

 

 

見つけたら真ん中にある四角のボタンを長押しします。

だいたい3秒くらいかな?

 

するとパッ!とライトの明かりがつきます。

 

 

これでオッケー!

電源が入りました。

 

【手順3】好きな色を選ぶ

電源が入ったら好きな色を選びます。

 

色は三角のボタンを押して選ぶことになります。

三角ボタンはふたつありますが、どちらでも好きな方を押して大丈夫です。

 

 

三角ボタンを押すたびに四角の色が変わっていきます。

 

 

この四角の部分に点いた色がペンライト本体に反映されます。

 

【手順4】色を確定する

光らせたい色を決めたら最後に四角ボタンを押します。

ここではサンプルとしてハピネッツピンクを光らせることにします。

 

先ほど解説したとおり、三角ボタンを何度か押して光らせたい色を選びます。

 

 

光らせたい色を選んだら、最後は四角ボタンを押して確定します。

 

 

 

おぉー、色が変わった!

 

操作は覚えてしまえばかんたんです♪

これで色の変え方の解説はおしまいです。

 

ビガビガの色は全部で12色

今回取り上げているビガビガは、変えられる色が全部で12色あります。

12色もあればほとんどのチームカラーをカバーすることができます。

 

ライト部分の面積が広いので光量が強く発色がいいところがこのビガビガの特徴です。

 

 

ビガビガの値段

ビガビガはタイプによって値段が違います。

 

この記事で取り上げているビガビガは12色切り替えタイプです。

これはビガビガの中では一番高い1本2,500円(税込)です。

 

MEMO

 

ハピネッツのブースターに一番人気のビガビガが、この12色切り替え可能な棒タイプ

アリーナに行くとほとんどのブースターが棒タイプのビガビガを持っていることが伺えます。

 

 

そして同じデザインでハピネッツカラー1色のビガビガは1,500円(税込)です。

 

ビガビガ棒に比べるとサイズがやや小さいですが、15色切り替えができるNEWビガビガは1,600円(税込)です。

こちらのビガビガはコスパが良さそうですね。

 

【グッズ4】フェイスタオル

 

タオルダンスの場面や応援の場面など、何気に使用頻度が高いのがこの応援タオル。

写真のタオルは2016-2017シーズンのハピネッツファンクラブの会員特典のものです。

 

素材は綿100%です。

 

物販コーナーでも各種タオルが販売されており、限定イベントやそのシーズンに合わせたデザインが人気のようです。

値段の相場は1枚1,500円~2,500円くらいとなっています。

 

最近ではキャプテン・田口成浩選手の「おいさータオル」がファンクラブ限定で販売されました。

 

 

 

ブースターみんなで「おいさー」していますね(笑)

おいさータオルも人気があるタオルのひとつです。

 

【グッズ5】応援メガホン

 

こちらの記事でも触れていますが、メガホンもまた使用頻度が高い応援グッズ

オープニングセレモニーの選手コールや相手チームのフリースロ時に大活躍します。

 

余白(余ピンク?)部分が多いので、ステッカーやシールを貼ってアレンジ加工するブースターさんも多い印象です。

私もステッカーを貼ってメガホンを自分なりにアレンジしてみました。

 

 

 

メガホンは1本500円(税込)と比較的リーズナブル。

二回りくらいちいさなメガホンも販売されており、こちらも1本500円(税込)で販売されています。

 

その日の気分でメガホンを使い分けても楽しそうですね。

 

「メガホンが品切れになってしまい購入できないのでは・・・」と焦った時期もありましたが、今は在庫が豊富なようです。

エリア82の販売ブースで購入することができます。

 

注意

在庫は常に変動しますので心配な場合は運営側に確認をとると安心です。

 

 

【グッズ6】Bリーグ関連の本

 

私の場合、バスケは初心者でしたのでBリーグに関係する本は試合観戦にとても役立ちました

 

写真の本はBリーグのホーム開幕戦で初めてハピネッツのバスケを見てから買ったものです。

もっとバスケのことを知りたい!」と思ったのがきっかけです。

 

書籍の価格は1,000円前後です。

 

選手のインタビュー記事やバスケのルールなどが丁寧に解説されており、おかげでバスケの魅力にドップリと浸かることができました。

⇒ B.LEAGUEパーフェクトガイド&選手名鑑はこちら

 

【グッズ7】その他(非売品・限定品)

応援手ぬぐい

 

 

こちらのてぬぐいは2017年9月30日(土)のホーム開幕戦『 vs 熊本ヴォルターズ戦 』でパワーアップアイテム第1弾として来場者全員に配布されました。

 

質感は一般的なてぬぐいと同じです。

 

 

私は新品の手ぬぐいを間違えて白い服と一緒に洗ってしまった事がありました。

案の定色落ちしてしまって処理が大変でした。

 

新品の手ぬぐいを洗う時は気をつけてくださいね。

もう移籍してしまいましたが、フィッツ選手が頭にてぬぐいを巻いていたことでも有名でしたね。

 

 

応援手袋

 

こちらは2018年2月3日(土)の『 vs 福島ファイヤーボンズ戦 』に、パワーアップアイテム第2弾として来場者全員にプレゼントされた手袋です。

素材は綿100%ですので、一言で表現するならピンク色の軍手です。

 

思いのほか温かいので寒いアリーナでは大いに助かりました。

ちなみに手袋の裏面はこちら。

 

 

無地になっています。

配布時は透明な袋に入っていました。

 

 

文字の部分は滑り止めゴムのような素材が使われていました。

 

 

 

ナップサック

 

こちらのナップサックはアミューズメント専用景品で期間限定の非売品です。

秋田市飯島にある万SAI堂でゲットしました。

 

素材は綿100%です。

 

ハピネッツのマスコットキャラクター『 ビッキー 』がデザインされています。

 

 

それなりに大きなナップサックですので、メガホンやタオルといったハピネッツグッズをしまう袋として重宝します。

ナップサックの裏の写真がこちら。

 

 

裏はデザインが特に施されておらず無地になっています。

景品になっている時は小さく折りたたまれていました。

 

 

私は3つのナップサックをゲットするために3,000円くらいゲームセンターに貢献しました。

手元にあるのはひとつ1,000円のナップサックです・・・。

 

チケットホルダー

 

こちらもナップサック同様、アミューズメント専用景品で期間限定の非売品です。

同じく秋田市飯島にある万SAI堂でゲットしました。

 

秋田ノーザンハピネッツのロゴとチーム名がデザインされています。

 

 

 

そしてチケットホルダーの裏側の写真がこちら。

 

 

ピンクの無地になっています。

チケットホルダーは塩ビ素材で表面がツルツルしています。

 

そのため使用頻度が高いとやがて裂けてしまいそうな感じです。

使い方が慎重になりそうです・・・。

 

 

シリコンバンド

 

シリコンバンドはキャンペーンで配布されることが多く、実際に売られることはほとんどない印象です。

写真のシリコンバンドは知人から頂いたものですが、私はよく腕に付けて応援しています。

 

塩ビ素材である程度の伸縮性があります。

 

調べてみたら株式会社プリッツプロモーションという企業さんが制作に携わっていることが分かりました。

⇒ プリッツプロモーション公式ページ

 

この会社はハピネッツで取り扱っているグッズの一部を制作しているようです。

 

ハピネッツマガジン

 

秋田ノーザンハピネッツ株式会社が定期的に発行しているフリーマガジンです。

クラブ創設から今まで13冊のマガジンが発行されています。

 

中身はそのシーズンのトレンドや盛り上がっていることを特集していることが多いです。

ハピネッツのことをより深く知るために欠かせない一冊と言えます。

 

秋田県内のいたるところで配布されていますが、冊子はなくなり次第配布終了となります。

秋田市内では秋田銀行各支店とマックスバリュ東北各店舗でよく見かけます。

 

 

私はクリアファイルを用意して、ファイルに冊子を保管しています。

この方法だと冊子が折れ曲がらないのでおすすめです。

 

 

ゲームプログラムと一緒にいつでも読める状態でストックしています。

 

まとめ

実際にグッズの素材などをじっくり確かめたことがなかったので、今回の記事を書くにあたり自分自身も勉強になった部分が多かったです。

 

また気になったグッズがあったら随時更新していきたいと思います。

 

もちろん今回ご紹介したグッズ以外にもリストバンドやバック、ぬいぐるみなどたくさんのハピネッツ応援グッズがあります。

今回の記事も参考にしながら、あなただけのお気に入りのグッズを揃えてくださいね。

 

こちらから記事の振り返りができます