【秋田市版】路線バスの乗り方や乗り換え方法、運賃や時間の調べ方をご紹介

 

秋田市内に遊びに来たら電車やバスなどの公共交通機関を利用することもありますよね。

でも初めての地域だと事情が分からず、公共交通機関をどう利用したらいいのか分からなくなったという経験はありませんか?

 

今回は秋田市内を走る路線バスをご紹介いたします。

主な始発場所や路線検索の方法、運賃や時間の調べ方、路線バスの乗り方や乗り換え方法をまとめました。

 

秋田市内を走る路線バスのご紹介

秋田市内を走る路線バスはすべて『 秋田中央交通株式会社 』が運営しています。

外観が緑色のバスが路線バスの目印です。

 

 

路線バスのサイズは大きく分けて3種類あります。

大型バス、中型バス、小型バスです。

 

ちなみに写真の路線バスは中型バスに分類されます。

おそらく秋田市内で一番多く走っている車種なのではないでしょうか。

 

幹線道路を主な路線とするバスは大型から中型バスが、住宅地など細い道を走るバスは中型から小型バスが多い印象です。

 

主な始発バスターミナル

秋田市内で路線バスが最も集まる一番大きなバスターミナルは、JR秋田駅西口にあるバスターミナル

 

JR秋田駅西口バスターミナルは、秋田杉がふんだんに使われた外観が目印です。

 

 

JR秋田駅西口バスターミナルにはバス案内所もあります。

 

 

  • 目的地までの路線が分からない
  • 発車時間や運賃を調べたい
  • 回数券を購入したい

 

などの各相談に応じてくれます。

 

MEMO

 

秋田駅西口バス案内所では定期券の発行はしておりません。

 

各種回数券のみ購入することができます。

 

 

【秋田市版】路線バスの乗り方

【手順1】目的の乗り場へ向かう

今回はJR秋田駅西口のバスターミナルを出発点とします。

バスターミナルは目的の方面ごとに乗り場が分かれています。

 

乗り場は『 番線 』と呼ばれ、番号で表記されています。

 

 

画像では11番線から13番線があることが分かりますね。

 

【手順2】バス乗車時は回数券を受け取る

秋田市のバスは後ろから乗ります

よく見ると『 入口 』と表記されているのが分かります。

 

 

バスの乗車口のすぐそばに整理券が発行されている機械があります。

忘れずに整理券を取りましょう。

 

 

MEMO

 

整理券は1枚だけ取ればオッケーです。

 

 

【手順3】バス停ごとに案内放送が流れる

バスに乗ったらどこでもいいので空いている席に座ります。

特に席は決まっておりませんので好きな座席に座って大丈夫です。

 

席が空いていない場合は天井付近のつり革やポールにつかまりましょう。

 

 

発車時刻になるとバスが走り出します。

走り始めると路線上の各バス停の案内が順に放送されます。

 

目的地付近の最寄りのバス停が案内されるまで乗っていましょう。

 

【手順4】降りるときはボタンを押す

目的のバス停が案内されたバス内の到るところにある『 降車ボタン 』を押します。

 

 

ボタンを押すと赤く点灯します。

これで次のバス停で降りることができます。

 

 

【手順5】運賃を払って降車する

バスの運賃は降りる際に支払います。

 

運賃の金額は運転席の上部辺りに表示されますので、乗る時に受け取った整理券の番号と同じ番号の運賃を支払う仕組みです。

 

 

私の場合は整理券の番号が1番でしたので、運賃盤の1番のところに注目します。

運賃は170円でした。

 

金額が分かったので、あとは降りる際に運転席の横にある運賃箱にお金を入れます。

 

 

秋田市内を走るほとんどのバスはICカード非対応のため、昔ながらの運賃箱が一般的です。

お金を支払ったらバスの前から降車します。

 

MEMO

 

運賃箱では両替をすることもできます。

 

紙幣は1,000円のみ対応しています。

 

 

バスの乗り換え方法

秋田では東京などの都会のようにバスを乗り換える機会は少ないと思います。

 

乗り換える機会があるとすれば目的までの距離が長い場合でしょうか。

多くの場合、JR秋田駅西口バスターミナルで乗り換えることになると思います。

 

秋田の場合、始発地点がJR秋田駅西口バスターミナルであれば、途中でバスを乗り換えることなく目的地までたどりつけます。

 

バスの発車時間、運賃、路線検索の調べ方

秋田市内を走る路線バスの時刻表、乗り口(番線)、経路、運賃などの各情報は秋田中央交通株式会社の公式ホームページから調べる方法がおすすめです。

 

各バス停で直接時刻を確認したりバス案内所に問い合わせをして時間を確認していた昔に比べると便利になったなと感じさせられます。

家に居ながら知りたい情報をピンポイントで調べられるのは便利ですね。

 

秋田駅から探す時刻表

 

時刻表の使い方

使い方もかんたんで直感的に操作できます。

路線名やバス停名など目的の項目を選ぶだけです。

 

 

たったこれだけで『 乗車口、番線、路線名、出発時刻、到着時刻、片道料金 』を知ることができます。

 

ですが事前に登録されてあるバス停名でしかヒットしないため慣れるまでやや時間がかかるかもしれません。

キーワードでバス停を検索したい時はこちらのサイトが便利です。

 

乗換案内NEXT

 

秋田県庁、秋田市役所への行き方

比較的アクセス頻度が高い目的地のひとつに、秋田県庁秋田市役所があります。

 

理由は秋田のプロサッカーチーム、ブラウブリッツ秋田のホームゲームが官公庁エリアの近隣で行われるためです。

サッカー観戦や各種公的手続きなどの用事で官公庁エリア周辺まで行く時は次のコースがおすすめです。

 

  • 乗車口:秋田駅西口
  • 降車口:県庁市役所前
  • 主な番線:2番線、3番線、5番線、6番線、7番線、8番線
  • 運賃(値段):大人210円、子ども110円

 

また同じ理由で秋田のバスケットボールチーム、秋田ノーザンハピネッツのホームゲーム会場『 CNAアリーナ★あきた(秋田市立体育館) 』までの路線も人気です。

バスケット観戦時は次のコースがおすすめです。

 

  • 乗車口:秋田駅西口
  • 降車口:市立体育館前
  • 主な番線:3番線
  • 運賃(値段):大人300円、子ども150円

 

【Q&A】バスの疑問点

【質問1】回数券や定期券の買い方は?

バスに乗る機会が多い人は現金支払よりも回数券を買ったほうがお得です。

理由は一般的な回数券は100円分多くサービスされているからです。

 

回数券はバス案内所のほか、路線バス車内の運転士からも直接買うことができます。

 

定期券はバス案内所でのみ発行されます。

中にはJR秋田駅西口バス案内所のように、定期券を発行しないバス案内所もありますので詳しくは公式ホームページを確認してください。

 

定期券・回数券の主な販売所

 

【質問2】路線バスは100円で乗れるって聞いたけど本当?

これは秋田駅周辺の中心市街地を巡回する『 中心市街地循環バス(通称:ぐるる) 』のことですね。

中心市街地循環バスは1回の乗車または区間内1周を100円で乗ることができます。

 

 

ぐるる以外の路線バスは走行区間に応じて運賃が変動します。

 

【質問3】路線バスの予約はできる?

路線バスの予約乗車はできません。

 

【質問4】目的地のバス停までの具体的な距離が知りたい

具体的な距離は調べられませんが、始発ターミナルから各方面ごとの路線は公式ホームページ乗換案内NEXTで検索することができます。

 

【質問5】バスの時刻表は冊子であるの?

現在のところ、冊子のバス時刻表はありません。

具体的な時刻を知りたい場合はネットを参照する方法がおすすめです。

 

【質問6】秋田の冬は雪がすごいけど、雪道のバス事情はどうなっている?

秋田の冬は路面状況によって、路線バスの到着時刻に遅れが生じることもあります。

 

雪の積もり具合によって状況が変わってきますので、冬に路線バスを利用するときは時間に余裕をもつといいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

秋田市の路線バス利用方法が分かったのではないでしょうか。

 

秋田に遊びにきた際は、ぜひ路線バスも体験してみてください。

あなたの住んでいる街の路線バスと秋田の路線バスを乗り比べて、違いを見つけるのも楽しいと思いますよ。