ガソリンは賢く給油する時代!秋田ではセルフシェルがおすすめ

もうガソリン価格の値上げに悲鳴はあげない!

今回は秋田で「安く・お得に」給油できるガソリンスタンドをご紹介します。

 

結論を先にお伝えすると、お得に給油する秘密はセルフスタンドのシェルを選ぶことです。

なぜセルフスタンドのシェルがいいのかというと、フルサービスのスタンドよりも値段が安く、さらにポンタカードが使えるからです。

MEMO

ポンタカードはシェル全店で使える万能カードです。

 

ポンタカードは提携しているお店が多いので、貯まったポイントは買い物で有効活用できます。(私もポンタユーザーです。)

秋田に車は欠かせません。その車の燃料は毎回すこしでもお得に給油したいものですよね。

 

ということで、秋田県内のシェルの場所、セルフスタンドの使い方、お得に給油できる3つの方法を書きました。

せひ最後まで読んでみてくださいね。

 

秋田県内にあるガソリンスタンド「シェル(Shell)」の場所

ガソリンスタンドは秋田県内のいたるところにありますが、その中で黄色と赤色の貝殻のマークをしたスタンドを見かけたことはありませんか?

その貝殻マークのガソリンスタンドが昭和シェル石油、通称「シェル(Shell)」です。

 

そんなシェルですが、調べたところ秋田県内には現在(2018年10月28日時点)16の営業所があるようです。

 

▼秋田県内シェル一覧

※スマホの場合は横スクロールできます。

ガソリンスタンド名所在地サービスタイプ24時間営業
ジョイフル臨海SS秋田県秋田市川尻若葉町5-26セルフ
東能代SS秋田県能代市機織轌ノ目2-4フルサービス
ジョイシティー出戸SS秋田県能代市南陽崎31-9フルサービス
能代大手町SS秋田県能代市大手町6-1フルサービス
スーパーセルフ大館SS秋田県大館市山館字田尻187セルフ
本荘東SS秋田県由利本荘市一番堰187-1フルサービス
本荘栄町SS秋田県由利本荘市給人町32-1フルサービス
本荘川口SS秋田県由利本荘市川口字家後192-1フルサービス
前郷SS秋田県由利本荘市前郷54フルサービス
鳥海バイパスSS秋田県由利本荘市鳥海町伏見字高平57フルサービス
横沢SS秋田県大仙市太田町横沢泥窪384-2フルサービス
大曲内小友SS秋田県大仙市内小友仙北屋29フルサービス
仁賀保セルフSS秋田県にかほ市芹田字深沢127-3セルフ
千畑土崎SS秋田県仙北郡美郷町土崎字上野乙1-76フルサービス
24セルフ比内SS秋田県大館市中山字兎沢66-1セルフ
三国商事 横手インターSS秋田県横手市駅南2-90フルサービス

この中で24時間営業をしている3つのシェルは、国道に面している比較的規模の大きなガソリンスタンドです。

 

断言できる!給油するならセルフスタンドで決まり

さて、「フルサービスとセルフサービスのガソリンスタンド、どっちがいいの?」という声が聞こえてきそうですね。

あなたの利用スタイルにもよりますが、家計を考えたら断然セルフスタンド一択です。

理由のひとつに「安さ」があります。

 

セルフスタンドは現金価格が安い

この記事を執筆している現在(2018年10月28日)、秋田市内のフルサービススタンドのレギュラーガソリン価格は1リットルあたり157円です。

 

これが自分で給油するセルフスタンドだとフルサービス価格よりも約2円~3円ほど安く給油できます。

 

値引き特典がない現金価格ですでにこの差です。

1回の給油が40リットルだとして価格差2円で80円、価格差3円で120円も違いが出ます。

 

1回の給油で生じる金額差は微々たるものかもしれませんが、月に3回も4回も給油するとやがて結構な金額差になります。

ガソリン価格がどんどん高騰している現在、これは見逃せない数字です!

 

全然難しくない!セルフスタンドで給油する入れ方手順

というわけで、あなたもセルフ給油に挑戦してみましょう!

もしかして「セルフ給油なんて初めて・・・。私にできるかな・・・(´・ω・`) 」なんて考えていませんか?

 

大丈夫です!

この記事では初めてのあなたにも分かりやすいように写真付きで使い方を解説しています。

 

セルフスタンドと言ってもスタッフは常駐していますので、現場で操作方法が分からなくなってもスタッフに確認できますよ。

 

私もセルフスタンドを初めて利用していた頃はスタッフによく教えてもらっていました。

分からないことは遠慮なくどんどんスタッフに質門しましょう!

 

今回給油する場所はジョイフル臨海SS

今回は秋田市内で唯一の24時間営業シェルスタンド、秋田市川尻にある「ジョイフル臨海SS」に行きました。

 

交通量が多い交差点の角にあるので、走ってきた道路によっては右折が難しいかもしれません。

そんな時は交差点の信号を勝平方面に右折して、店舗の裏側に回るようにすると入店しやすいですよ。

 

▼店舗の裏から入店する様子

 

▼店舗の裏側からだと比較的入店しやすいです。ポンタ君がセールスしています(笑)

 

ガソリンスタンドに入店したら空いているスペースに車を駐めて給油を開始します。

 

セルフスタンドの給油手順

  • STEP.1
    画面が起動する

     

    車を駐めると機械が反応して、タッチパネルに画面が表示されます。

  • STEP.2
    支払い方法を選ぶ

     

    最初は支払い方法を選択する画面を操作します。

    「現金払い」「非接触IC」「クレジットカード」から好きな支払い方法を選択します。

    MEMO

    非接触ICとは後述する「EasyPay(イージーペイ)」などのことです。

     

    私は今回クレジットカード払いを選択してみました。

  • STEP.3
    クレジットカードを入れる

     

    クレジットカードの挿入口が点滅しますので手持ちのクレジットカードを入れます。

    MEMO

    支払い方法で現金を選んだ場合は、このタイミングで現金を機械に支払います。

     

    クレジットカードを入れると機械がカード情報を読み取ります。

     

    読み取りが終わるとカードが出てきますので忘れずに回収しましょう。

  • STEP.4
    クーポンを読み取らせる

    もしもクーポン券を持っていたらここで機械に読み込ませます。

     

    今回初めてシェルを利用した場合はクーポン券は持ち合わせていないはず。(私も手持ちクーポン券はありませんでした。)

    MEMO

    クーポンを利用すると表示価格よりさらに安く給油できます。

  • STEP.5
    油種を選択する

    今回給油する油種を選択します。

    一般的な車であればレギュラーでオッケーです。

     

    ここでは「満タン」「金額指定」と「数量指定」の3種類から選ぶことができます。私は今回「金額指定」を選択しました。

  • STEP.6
    数量を指定する

     

    希望の給油量を選択します。

    今回は1,000円分だけ給油したかったので「任意設定」を選択しました。

     

    今回の私の場合だと「1000」と入力して最後に「円」を押します。

    これで準備完了。

  • STEP.7
    静電気を除去する

    金額(数量)設定が終わると画面が切り替わります。

     

    静電気が起きると火事になりかねないので、安全のため静電気除去シートに触れてから給油しましょう。

  • STEP.8
    給油する

    静電気を除去したら給油ノズルを持って車の給油口に挿し込みます。

     

    車にノズルを差し込んだらレバーを引いて給油します。

     

    給油中、ノズルのレバーは引きっぱなしでオッケーです。

     

    「レバーを握りっぱなしだとガソリンが溢れるのでは・・・?」と心配になるかもしれませんね。

    設定量の給油が終わると機械が勝手に止まるので大丈夫です。(満タン指定の場合は満タン直前でストッパーが効きます)

  • STEP.9
    車の給油キャップをしめる

     

    給油が終わったら給油ノズルを元に戻し、車の給油キャップをしめます。

  • STEP.10
    レシートを回収する

     

    最後に機械からレシートが出てきますので回収しておしまいです。

     

    随時画面に操作方法も表示されますので本当にかんたんです。

 

家計も助かる!シェルでお得に給油する3つの方法

それでは最後に、家計も助かるシェルならではのお得な給油方法を3つご紹介して終わりにしたいと思います。

 

【お得方法1】クレジットカード払いを選択する

シェルでは各社のクレジットカードが利用できます

クレジットカード払いにすると、給油した分のポイントがカードに貯まりますので利用した分だけお得です。

 

MEMO

ポイントが加算されるため、現金払いよりもクレジットカード払いの方がおすすめです。

 

もし現金で給油するなら手持ちのポンタカードを最初に差し込むことをお忘れなく!利用した分だけポンタカードにポイントが貯まります。

 

【お得方法2】シェルポンタカードで給油する

シェルでクレジットカードを使って給油をするなら、実はクレジット機能の付いたポンタカード「シェルポンタカード」がおすすめです。

一番のメリットは給油1リットルごとに通常の2倍の2ポイントが付与されること!(通常のポンタカードやクレジットカードだと1リットルにつき1ポイントだけです)

 

これはつまり、実質表示価格よりさらに2円引きになっていることを意味します。

 

もちろんシェルポンタカードはポンタカードとしても使用できます。

提携しているお店(ローソンやゲオなど)でカード決済すると、ポンタポイントとクレジットポイントの両方のポイントがもらえます

 

さらにクレジット機能を備えているのでガソリンだけではなく月々のスマホ代や光熱費、家賃の支払いにも対応

正直貯まったポイントだけでもかなりの節約効果が期待できます。これは家計も大助かり!

 

ここまでシェルポンタカードの魅力を説明してきましたが、当然デメリットもあります。

それは発行までに時間がかかりすぎてしまうことです。

 

シェルポンタカードを店頭で申し込みすると、人の手を介するため手元に届くまでに3週間はかかります。

 

「えっ!? 3週間って長すぎじゃね?」

もしかしてそう思いましたか?私も3週間は長いと感じました。

 

カードが手元にないこの期間は、当然お得に給油もできないし買い物もできません。

すごくもどかしい時間になります。

 

だったら人の手を介さず直接自分で申し込みをすれば早いと思いませんか?

「そんな方法があるわけないじゃん!」と思ったかもしれませんが、実はあったのです。

 

ネットって便利ですね。スマホでポチポチと登録できます。

昭和シェルのポンタ最強カード

自分で直接やれば最短1週間で手元にカードが届きます

1週間だったら、今から準備を始めれば次回の給油に間に合いそうですよね。

MEMO

気になるカードの年会費ですが、1年に1回でもシェルを使うと無料になります。嬉しすぎます。

 

【お得方法3】「EasyPay(イージーペイ)」を利用する

シェル独自の決済方法に「EasyPay(イージーペイ)」というサービスがあります。

 

EasyPay(イージーペイ)とは車の鍵に付けられるくらい小さな端末のこと。

あらかじめ手持ちのクレジットカードと紐付けしておくことで、ガソリンスタンドの機械にかざすだけで決済ができてしまうという優れものです。

 

EasyPayは紐付けしたいクレジットカード運転免許証があれば店頭ですぐに作ることができます。

さらに本日のクレジットカード価格から2円引かれるので、いきなりお得に給油できます

ということは。

一般的なスタンドより2~3円安いシェルのセルフスタンドで、シェルポンタカードと紐付けしたEasyPayで決済すると・・・

 

なおぞう

現金値引きとポイント還元でお得すぎ♡

となります。

 

これから秋田はガソリンを激しく消費する冬に突入します。

秋田でガソリンをお得に給油するなら、セルフのシェルで決まりですね。

 

今日のひとこと

なおぞう

嬉しいことにシェルポンタカードは現在カードを作った初月に限り、給油するたびに1,000ポイントが加算されるキャンペーンを行っています。

 

最大で3,000ポイントまで貯められますので、実質1回分の給油がタダみたいになります。

 

至れり尽くせりのポンタシェルカードでセルフ給油、ぜひ試してみてください。

【詳しくはこちら】昭和シェルのポンタ最強カード