自分の商品が販売できる!エリアなかいちに秋田銘品館がオープン

 

2018年5月下旬、エリアなかいちの商業施設@4の3に『 なかいち秋田銘品館 』がオープンしました!

このなかいち秋田銘品館は個人が気軽にお店を出せる空間として、今秋田で注目を集めてます。

 

早速現地へ行ってきましたので、今回の記事では買う側目線のお店の雰囲気と、売る側目線の実際に出店するまでの流れをまとめてみました。

 

場所はエリアなかいちの@4の3

まずは「買う側目線」でなかいち秋田銘品館を紹介したいと思います。

 

この記事の冒頭でもすこし触れましたが、なかいち秋田銘品館の場所はエリアなかいちの商業施設「@4の3」の中にあります。

 

 

なかいち秋田銘品館はいろいろなお店が立ち並ぶ通路沿いに面していますので、現地に着いたら迷うことなく見つけることができると思います。

 

なかいち秋田銘品館にはいろいろなお店が出店

次にお店の種類のご紹介です。

 

なかいち秋田銘品館には9つのお店と16のショッピングボックス、そしてお店の中央にテーブル販売コーナーがあります。

 

 

お店自体はひとつの建物の中にありますが、それぞれオーナーが違うところが特徴です。

 

ネット業界でたとえるなら楽天市場のようなイメージですね。

・・・ちょっと分かりにくかったですか?

 

えーっと秋田市内のお店でたとえると、御所野のイオンモール秋田や秋田駅前の西部百貨店のようなイメージです。

今度は伝わったでしょうか?(^^;)

 

そのため、工芸品や陶芸作品、木工作品やアクセサリー、ガラス細工に加工食品など、この空間だけでいろいろなジャンルのお店を楽しむことができます。

 

開店して間もない現在は、お店に並んでいる商品は全体的に手作り作品が多いような印象でした。

 

会計は個人決済か総合レジで精算

最後に会計についてです。

お店に並んでいる商品はもちろん購入することができます。

 

会計方法はお店にオーナーがいる場合といない場合とで支払う場所が変わってきます。

迷わずにスムーズに買い物ができるように記事でまとめておきたいと思います。

 

【会計方法1】お店のオーナーと直接やりとりする

ひとつ目の会計方法はお店にオーナーがいる場合です。

 

お店にオーナーが常駐している場合はオーナーと直接お金のやりとりをします。

この場合は総合レジを通す必要はありません。

 

【会計方法2】お店にオーナーがいないときは総合レジで精算

ふたつ目の会計方法はお店にオーナーがいない場合です。

お店にオーナーがいない場合は、なかいち秋田銘品館の総合レジを使って会計をします。

 

総合レジはなかいち秋田銘品館の入り口付近にありますので、一般的なお店と同じように精算を済ませましょう。

 

以上、ここまでが「買う側目線」での紹介でした。

 

なかいち秋田銘品館で自分らしさを発信

続いて「売る側目線」からなかいち秋田銘品館の紹介をしていきたいと思います。

 

なかいち秋田銘品館のコンセプトは「あなたのコレクションを発信&販売しませんか」です。

これはなかいち秋田銘品館のパンフレットからも伺うことができます。

 

 

お知らせ

エリアなかいち商業施設のどまんなかに、物販などに利用できるレンタル店舗やレンタルボックスが誕生します。

様々な使い方が可能な物販スペースです。

ぜひ、ご利用ください。

 

出典:なかいち秋田銘品館パンフレット

 

なかいち秋田銘品館で自分の商品を販売するためには、あらかじめ用意されているレンタルスペースを借りる必要があります。

お店のレンタルスペースを活用して、お店のオーナーになろうという仕組みです。

 

オーナーになれば、あとは自分の発信したい商品を揃えるだけ。

こうしてあなたらしい唯一無二のお店が誕生します。

 

自分の作品や商品を世に広める絶好のチャンス

なかいち秋田銘品館のオープンをきっかけに、気軽に自分の作品や商品を発信したり販売したりできるようになりました。

 

これは言ってみれば自分のことを世の中にアピールできる絶好のチャンス。

そのチャンスを活かして秋田で表現できることは魅力的です。

 

  • 「 趣味で作った作品を発信できる場所を探していた 」
  • 商品を必要としている人に届けてみたい! 」
  • 「 実店舗を出す前にプレ出店を体験してみたい! 」

 

このように考えているクリエイターたちの発信拠点になれば素敵ですね。

 

販売スペースは全部で4種類

「ちょっと待って!レンタルできるのは分かったけど、利用料金って結構高いんじゃないの?」

そんな声が聞こえてきそうです。

 

なかいち秋田銘品館では利用者のスタイルに合わせて、販売できるスペースを4種類用意しています。

 

 

  • 【月単位契約】レンタル店舗・・・9棟
  • 【月単位契約】レンタルBOX・・・16個
  • 【日単位契約】販売スペース・・・6区画
  • 【日単位契約】ホール全面・・・1区画

 

利用料金や営業時間など、各ブースの詳細をひとつずつご紹介しますね。

 

【月単位契約】レンタル店舗・・・9棟

レンタル店舗スペースはなかいち秋田銘品館内に9店舗分あります。

 

 

レンタル店舗について
  • 店舗面積・・・約1.5坪
  • 営業時間・・・11:00~18:00
  • 利用料金・・・月30,000円(税別)
  • 契約形態・・・月単位

 

店舗スペースには作業台やカウンターが常設されており、なかいち秋田銘品館の中で最も個性を演出しやすい空間だと感じました。

 

演出に欠かせないテーブルやイスは希望すれば貸出されます。

また賃料に電気代が含まれていますので常設されているコンセントから電気も気兼ねなく使うことができます。

 

【月単位契約】レンタルボックス・・・16個

レンタルボックススペースはなかいち秋田銘品館に合計16個分あります。

 

 

 

通路に面しているため、お客さんの視線を一番集めるのではないでしょうか。

 

ボックスの広さはAタイプとBタイプの2種類あります。

  • 【Aタイプ】(縦)600mm × (横)600mm × (奥行き)450mm
  • 【Bタイプ】(縦)400mm × (横)600mm × (奥行き)450mm

 

レンタルボックスについて
  • 営業時間・・・11:00~18:00
  • 利用料金・・・Aタイプ月5,000円(税別)、Bタイプ月3,500円(税別)
  • 契約形態・・・月単位

 

各ボックスにはそれぞれガラス製の移動式仕切り棚を入れることができます。

 

【日単位契約】販売スペース・・・6区画

販売スペースはなかいち秋田銘品館に6区画分あります。

 

 

 

販売スペース概要
  • 店舗面積・・・1区画(縦)2,000mm ×(横) 1,200mm
  • 営業時間・・・11:00~18:00
  • 利用料金・・・日3,000円(税別)
  • 契約形態・・・日単位

 

作品や商品を陳列するテーブルも希望すれば2本まで借りることができます。

 

MEMO

 

販売スペースで利用できるテーブルのサイズは(縦)1,800mm × (横)450mmを1台、(縦)750mm × (横)600mmを1台それぞれ借りることができます。

 

 

【日単位契約】ホール全面スペース・・・1区画

ホール全面スペースはなかいち秋田銘品館に1区画分あります。

 

 

ホール全面スペース概要
  • 店舗面積・・・(縦)13、000mm × (横)4,000mm(6区画分 約15坪)
  • 営業時間・・・11:00~18:00
  • 利用料金・・・日15,000円(税別)
  • 契約形態・・・日単位

 

なお、利用時間が19:00~22:00の間については事務局と要相談となります。

 

希望すれば展示パネル、テーブル、イス、音楽装置、照明の貸出が可能です。

 

お店を出したい時はどうすればいい?

お店の種類と料金形態がお分かりいただけたと思います。

 

希望する店舗種類が決まったら、いよいよあなたのお店を出店する手続きをします。

 

出店でるジャンル、出店できないジャンル

コレクション販売、アクセサリーショップ、書店、画廊、ライブコンサート、講演会、ボックスギャラリーなど、基本的にはなんでも出店してオッケーです。

 

ですが、飲食店だけは出店できませんので、ここは注意が必要です。

※瓶詰めなどパッケージされた食品加工品販売は可能です。

 

出店手続きは簡単!申込書に記載するだけ

出店手続きはとても簡単!

事務局が用意した申込用紙に必要事項を記載するだけです。

 

これで晴れて、あなたは自分のお店を構えることができます。

 

決済方式を決める

申込書に必要事項を記載したら次に決済方式を決めます。

商品が売れた場合に自店でお金のやりとりをするか、それともなかいち秋田銘品館の総合レジカウンターでお金のやりとりをするかを選びます。

 

自店で決済できれば一番よいのでしょうが、営業時間中ずっとお店にいることも大変ですよね。

そんな時は総合レジカウンターでお金のやりとりを代行してもらう方法が負担も減りますしスマートです。

 

MEMO

 

決済代行を利用した場合は売上の15%が手数料としてかかります。

 

 

決済代行は便利ですが、15%の手数料は正直結構痛い・・・。

そう考えているオーナーさんもいるはずです。

 

そんな時は、決算日を曜日で分けて利用すると便利です。

 

これはどういうことかといいますと、次のような使い方のことです。

 

  • 平日月曜~金曜・・・総合レジ決済
  • 土日祝・・・自店決済

 

決済する曜日を分けることで、人の集中が見込まれる土日祝に余分な手数料が取られずに済みます。

 

サラリーマンでもやり方次第では出店可能?

曜日によって決済を使い分けられるこのシステムを活用すれば、会社勤めで平日自由に動くことができないサラリーマンでもお店が出せそうです。

 

オーナーのあなたの都合に合わせて決済方法を使い分けられるところは大きなメリットだなと感じました。

 

出店したいオーナー多数、現在申し込み殺到中!

私も現場に行って驚きましたが、2018年6月現在、すでにすべての店舗スペースが埋まっていました。

 

 

店員さんにお店の事情を聞いてみたら、月契約スペースは3ヶ月単位で契約する人がほとんどなのだそう。

そのためどんなに早くても秋頃にならないと空きスペースが出ないとのことでした。

 

しかも空きが出たらすぐに入居できるようにと、すでに次のオーナーが申し込みしているというのでダブルで驚き!

 

レンタルスペースの人気の高さと注目度の高さを感じました。

 

レンタルスペースを活用してリアル店舗の出店をお考えの場合は、すこしでも早く申し込みをしておいたほうが良さそうです。

 

今のままのペースで予約が埋まっていけば、自分のお店を構えられるのは数年先の話になるかもしれません。

 

とにかく予約だけなら早くても良さそうです。

 

まとめ

独自の実店舗を構える準備にはとにかく多額のお金がかかります。

 

店舗取得費、店舗内装費、商品の仕入れ費、毎月の家賃・・・。

ここであげた費用だけでも数百万円はの初期投資がかかりそうです。

 

一方、なかいち秋田銘品館のようなレンタルスペースを活用した店舗であれば、すくない初期費用で憧れのお店のオーナーになることができます。

 

 

これは本当にチャンスだと思います。

 

余談になりますがあなたの商品を地元秋田だけではなく全国にも発信するなら、独自ネットショップの運営がクールです。

 

なかいち秋田銘品館での出店と並行してネットショップも運営すれば、全国に販路を拡大できますので売上が右肩上がりで伸びるかもしれません。

おすすめのサービスはどんなに売れても手数料が無料のカラーミーショップ。

 

エコノミープランであれば月額900円からお店のオーナーになれます。

なかいち秋田銘品館の利用料金よりも安いですね(*^o^*)

 

カラーミーショップでネットショップのオーナーになる

 

自分の作品や商品をアピールして知ってもらえる絶好のチャンス!

あなたもぜひ出店に挑戦してみましょう!

 

こちらから記事の振り返りができます