【第100回 高校野球】金足農業高校が2018年秋田県予選を制覇!

 

2018年7月24日(火)、秋田市のこまちスタジアムで第100回全国高校野球選手権記念秋田大会の決勝戦が行われました。

 

そして記念すべき100回大会を制したのは金足農業でした!

金足農業の甲子園出場は実に11年ぶり6回目とのこと。

 

対戦相手は昨年と同じ明桜高校でした。

昨年と同じ対戦カードということで注目もされましたね!

 

両チームとも素晴らしい試合をありがとう!

手に汗握るロースコアゲームを制した金足農業おめでとう!

 

 

決勝戦は昨年と同じカード

高校野球は毎年見ていますが、決勝戦が前年度と同じカードというのはそう多くはなかったと思います。

 

第99回全国高校野球選手権秋田大会(県高校野球連盟など主催)は24日、秋田市のこまちスタジアムで準決勝2試合を行い、明桜と金足農が決勝進出を決めた。

出典:毎日新聞

 

金足農業のエース吉田投手も試合前にインタビューで語っていましたが、昨年決勝戦で負けてしまった借りを返すには絶好のチャンスが到来した!というわけですね。

 

スポンサーリンク

決定打となった8回裏

それまで試合は「 1 – 0 」と金足農業が1点をリードする展開。

ゲームは全体的に両校の駆け引きが見られるロースコアゲームでした。

 

そしてゲームが動いたのは8回裏。

金足農業の攻撃の場面、バッターのスクイズからランナーがホームに帰り1点追加!

 

点数を「 2 – 0 」とします。

 

9回表、明桜から三振を奪う

そして迎えた9回表。

金足農業のエース吉田選手の投げる渾身のストレートが、明桜打線から空振り三振を奪いました。

 

この瞬間、金足農業の11年ぶり6度目の甲子園出場が決定!

金足農業の選手のみなさん、甲子園出場おめでとう!

 

スポンサーリンク

今日のひとこと

なおぞう

 

いやー、今年も熱い決勝戦を観戦することができました。

 

実を言うと今回の決勝戦は明桜高校を応援していました。

もうずーっと昔のことですが、経法大付の卒業生だからです。

 

明桜高校の3年生はこれで部活動引退になると思いますが、この悔しさはきっとこれからの糧になるはず!

 

両チームの選手のみなさん、素晴らしい試合をありがとう!

まずはゆっくり休んでくださいね!